seika∞sekai – 京都精華大学ブログ -

RSS

2014.07
03
15:39

DS(どうかしてる)を突き詰める(みうらじゅんさん特別講義)

DSとは。
あのゲーム機のことではなく、”どうかしてる”状態のこと。
先日行われた、マンガ学部客員教員みうらじゅんさんの特別講義は、”どうかしてる”が満載でした。

世の中には、大まじめにやっているのに、なんだかズレてて「それどうかしてるよ!」とつっこみたくなる出来事がたくさんあります。

たとえば、かかし(みうらさんはKKCと呼ぶ)。
人がのけぞってるかかしがあって、その前に立ってる札に「イナバウワー」と書かれている。

「稲とイナをかけてるんですよね」とみうらさん。
・・・どうかしてる!

たとえば、 街の文房具屋さんで売ってる紙袋(ビニールコーティングされてるような)。
よく見ると、 英単語が書かれている。
「HUMAN DIALOGUE」 。人類の対話?
「SOLID BODY」。固体?紙袋になんでこんなこと書いてるんやろ。
・・・どうかしてる!

みうらさんは写真を見せながら、次々と”どうかしてる”を紹介していきました。
学生たちは声をあげて笑う者あり、つっこむ者あり・・・

普通なら見過ごしてしまいそうなポイントを、みうらさんが発見したことで笑いを生む。
何より、その目のつけどころが独特。
おそらく、それは関西出身のみうらさんの「つっこみ力」がモノを言っているのではないでしょうか。

笑いは、いろんなものに目を向けて、「まじめに考え過ぎて失敗したな」「かっこいいと思って英語にしたな」とちょっとしたズレやボケを発見していくことから生まれることもある。
発見して、つっこんで、人に見せて、またつっこむ。
私は「つっこむ」という行為には、「なんだかズレてるけど、放っておけない」といった対象への愛おしさのような感情があるんじゃないかと思うのです。
この日、紹介してくれたDSなモノ、コト、ヒトには、すべてみうらさんの愛を感じました。

最後に、みうらさんの目のつけどころを物語る1枚を紹介。

ある街での一コマ。

「この1枚の中に、ほら、『みうら』と『じゅん』が」とみうらさん。
本当だ、看板に「みうら」「じゅん」 とひらがなで書かれています。
「それで、その間に『サンポット』って。自分のミドルネームが『サンポット』だって気付いたんです。みうら・サンポット・じゅんなんですよ、ボク」。

・・・そんなわけないやん!

Comment コメントをどうぞ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP