seika∞sekai – 京都精華大学ブログ -

RSS

2014.09
17
11:27

秋季卒業式が行われました

先週金曜日、秋季卒業式が行われました。

3月に行われる卒業式と比べるとアットホームな雰囲気。
会場内にもあたたかい空気があふれています。

1人1人に卒業証書が授与された後、各学部の学部長から送る言葉をもらいます。

私が印象的だったのは、人文学部のサコ学部長の言葉。

「秋に卒業するという選択をするには、かなりの勇気と強い意志が必要。
みなさんがここにいるのは、自分の進路や将来を自分で選択してきた結果です」

留学のため休学したり、ダブルスクールに通ったりと、それぞれの事情により9月に卒業した10人。
この時期に卒業を迎えるのは、大多数の人とは違う選択をしたということ。
「自分で自分の人生を選んだ」ということを、これから新しい場所に羽ばたくためのステップにしてほしい、そう思います。

この後、卒業生1人1人が今の自分の思いをみんなの前で話しました。
これも秋季卒業式ならではのこと。

紆余曲折を経て、この場に立った卒業生の言葉には、なんだか考えさせられるものがありました。

「精華では、技術だけでなく、芸術の見方を教えてもらった」
「人に恵まれた4年間だった」
「人の縁というのが大切だということがわかった」
「精華は先生と学生の間、学生同士にも境界がない」

どれもが精華の特長を表している言葉。
どの人にとっても、「母校」はひとつです。
「大学」を卒業したんじゃなくて、「京都精華大学」を卒業したんだ、と全員が胸を張って言える。
そんな大学であり続けるために、これからも頑張らなくては、と私自身思いを新たにした卒業式でした。

 

 

 

 

 

 

Comment コメントをどうぞ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP