seika∞sekai – 京都精華大学ブログ -

RSS

2013.11
15
17:50

「陽なたのアオシグレ」を見に行ってきました。

アニメーションコース卒業生 石田祐康くんの劇場デビュー作『陽なたのアオシグレ』
現在大阪・テアトル梅田で公開中です。
公開初日に、さっそく見に行ってきました。

作品の1シーンです↓

小学4年生の草食系男子・ヒナタが、クラスの人気者・シグレちゃん(かわいい!)に恋をし、
全力でその想いを伝えるまでを描く、この作品。
なによりも絵が美しくて。
小学生の初恋の初々しくて青い感じや、きゅんきゅんする思いが画面からあふれています。

シグレちゃんと話もできず、彼女のことを頭に思い描き、妄想するヒナタ。
その妄想っぷりには共感できるところもあって、思わず「あかんやん、頑張れ!」と応援したくなる。
妄想シーンと現実のシーンでは絵のタッチがまったく違っていて、描き分けにも注目させられます。

ヒナタが「想いを伝える!」と決心して走り出すシーンの疾走感も半端ない。
ここが作品のクライマックスで、半端ない疾走感こそがヒナタのまっすぐな想いを表現している。
石田くんが在学中につくった作品、『フミコの告白』を彷彿とさせるシーンです。

『フミコの告白』はYoutubeで260万回以上も再生されたお化け作品。
インターネットから出発し、国内外から注目を集め、そして劇場で公開される作品をつくる。
新しいクリエイターの姿をそこに見るような気がします。

現在はこの作品をつくった スタジオコロリドに所属している石田くん。
『陽なたのアオシグレ』の次はどんな姿を見せてくれるのか、
想像しただけでワクワクします。

Comment コメントをどうぞ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP