seika∞sekai – 京都精華大学ブログ -

RSS

2014.01
09
12:01

音楽を届けてみる

学期末が近づくこの頃は、学生たちの制作の成果がかたちになる時期です。
音楽コース1年生の谷口文和先生の授業では、音楽を届けるためのツールをつくりました。


じゃーん!
『PLAYLAND』は、“音楽を愛す全ての人々に贈る、京都で音楽を楽しむためのフリーペーパー”。
京都のライブハウス特集では、市内にある12件のライブハウスを取材して、その特徴を紹介しています。
編集長の石坂くん(写真右)は、「フリーペーパーをつくるのは初めての経験。取材や記事を書くことももちろん初めて。いろいろ失敗もしたけど、すごく楽しかったし、いまはバンド活動をしていますが、将来やりたいことの選択肢が増えました」と話してくれました。

新木さん(写真左)は表紙の絵を担当。
ふだんは鉛筆で絵を描いているそうですが、今回はじめてPCを使って描くことに挑戦。京都をイメージした男女の絵ですが、じつはよく見るとギターケースを背負っていて遊び心を感じます。
「大学に入る前は、ラジオDJになりたかったんですが、作曲したり、音楽とビジュアルの関係を考えたり。授業でいろんな経験をして、将来の夢が広がっています」

宮城出身の砂押さん(写真中央)は、「京都って、独特なライブハウスが多いんです。築100年近い木造のライブハウスなんて貴重だし、みんなにも知ってもらいたいです」。

ほかにも、音楽とお酒の関係に焦点をあてた、ちょっとディープなコーナーも。
この日は、完成した冊子を取材したライブハウスや市内のスタジオに設置してもらうための準備。読んでくれた人の意見を集めるため、Web上でアンケートもつくるそう。たくさんの音楽を愛す人たちに届いてほしいですね。
大学にも設置するそうなので、見つけたらぜひチェックしてみてください。


そして、こちらはUstream番組を放送するグループ。
番組名は「コトノオト~見るねん 聴くねん 味わうねん~」。
町に溢れている様々な音を発信するオト情報番組です(宣伝動画はこちら)。
先月に第一回の放送を行い、今日は第二回の放送に向けたリハーサルを行っていました。
シミズさん(写真左 ビリジアン色の髪の毛が素敵な後姿)によると、今回の目玉は、いま注目のバンド・Pirates Canoe(パイレーツ・カヌー)の特集。京都のライブハウスで取材したライブ映像やインタビューが放送されるそうで、ファンの人はもちろん、知らない人にもその音を聴いてほしい、という思いでVTRを制作しました。そうやって、自分たちが良いと思う音楽を届け、広げていくのです。


放送日は、明日1月10日(金)20:00スタート。
twitter(@koto_no_oto)でも情報を発信中。
見て、聴いて、味わってみてください。

Comment コメントをどうぞ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP