seika∞sekai – 京都精華大学ブログ -

RSS

2014.01
22
19:09

デジクリ発、2種類の新感覚ゲームが誕生

昨年の春から、ゲームデザインの授業で
カジュアルゲーム(短い時間で簡単にできるゲーム)の制作に取り組んできた
デジタルクリエイションコースの3年生たち。

今年に入り、無料アプリとしてApp Storeからゲームがリリースされました!
できあがったのは「ミリオンロケッツ」という新感覚シューティングゲームと、
「Planet:S(プラネット:エス)」という、パズルゲームとアクションゲームを
練り込んだような不思議なゲーム。

写真の「ミリオンロケッツ」は、ポップな絵柄がかわいい~。
母艦に攻めてくるエイリアイちゃん(エイリアンのこと)を、
ロケットで迎え撃つこのゲーム。
ルールは簡単。
【タップしてロケットを配置→もう一度タップして発射!】

直接、敵に向かって撃つシューティングゲームはよくあるけど、
配置して撃つ、というのはありそうでなかった発想。
そこが新感覚シューティングゲームと呼ばれるゆえんで
教員からも評価が高かったんだそう。

もう一方の「Planet:S」
こちらには、ヒーローとエイリアンと人間(一般人)が登場します。
エイリアンが勝手に道を動かして、一般人を襲おうとするところを・・・
ヒーローが阻止!かつエイリアンを退治!
というのが基本ルール。

ブロックをタップしてエイリアンを別の道に誘導させたり、
エイリアンを見つけてやっつけたり、
常に画面全体を見渡していないとやられちゃう緊張感があるゲーム。
ちょっと難しくて頭を使うだけに、次こそはクリアしてやる!
と時間を忘れてチャレンジを重ねる人が続出しそう。

「わたしはプログラマーを担当したんですけど、
企画やデザイナー担当の子と相談する機会が少なくて、
お互いの立場を考えながら
やりたいことと、できることをすり合わせていくのが大変でした。
チームの制作ではコミュニケーションが大事だな、っていうことを
制作するなかで痛感しました」
と、デジクリ3年のうさぎちゃん↓。

うさぎちゃんは、ゲームの説明をしながら
「今回の反省点をまた次の作品作りに活かしたいんです!」
と力強く話してくれました。

「ミリオンロケッツ」も「Planet:S」も、配信されたとはいえ
まだまだ細かい手直しを続けていきます。
特に「Planet:S」はさらにおもしろくなるバージョンアップを予定。
わたしはタップする感覚に慣れてなくて、
なかなかクリアできないんだよなあ・・・。
バージョンアップに備えて、今夜も自主練をしておきたいと思います!

【デジタルクリエイションコースについて、詳しくはこちら!】

Comment コメントをどうぞ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP