東北からの風に乗って

Date_ 2013.10.30 17:28

木野祭が近づいてきました。
大学祭といえば屋台やイベントが目白押しでハッピーなお祭ですが
一方で、日頃の学びの成果を示してメッセージを投げかけるという側面もあります。

今年の木野祭のなかで、「東北からの風」と題して
震災被災地について考えるイベントが開催されます。
人文学部の板倉先生のゼミ生が中心となって、
震災に関する講演会や被災地で収穫された野菜の販売会を企画しました。

企画メンバーの一人、佐久川さん(人文3年、写真左)は去年、
チェルノブイリ事故の12年後を取材したドキュメンタリー映画『プリピャチ』を見て
その虚無感の強いモノクロームな世界観にショックを受けました。
「日本も白黒になっちゃうのかなぁって思ったら、悲しくなって。
 …でも、そんな「かわいそうな私」にだんだん疲れちゃったんです。
 そしたら、何か行動を起こせないかなぁって思うようになってきました。」
そして昨年から開始した原子力についての自主的ゼミや、
この「東北からの風」に参加するようになったそうです。

今回のイベントを通じて投げかけたいメッセージは、
「原子力の時代に生きる一人ひとりが何かを考えてほしい」ということ。
佐久川さんはこう言います。
「どうするべきか、なにができるか、そういうことを考えながら
 一人ひとりの「なんでだろう?なんでだろう?」が集まれば
 社会の流れも変わると思います。」

今回の講演会では、様々な立場のかたが登壇することになっています。
避難を決断した自治体の関係者、原子力に詳しい研究者、
そして被災地を訪ねたセイカの学生たち…
多くの視点から東北のことを考えることで
新しい発想を生み出すことができるかもしれません。

福島第一原発から京都精華大学まで直線距離で約540km。
その距離を超えて「東北からの風」が吹きつけます。
この風にのって、私たちはどこへ行くべきなのでしょうか。
行くべき道筋を思い描く想像力を膨らませるために
新しい視点を見つけていく努力と行動が
今後の日本の未来に不可欠なのではないかと思います。

こだわりが紡ぎだした大学紹介映像

Date_ 2013.10.24 20:48

このたび、大学紹介映像2013年度版が完成しました!
セイカの学びの雰囲気を世界の果てまで伝えるべく
各コースごとの美味しいシーンを凝縮しています。



この映像の制作スタッフは映像コース在学生&卒業生チームです。
制作スタッフの上野くん(映像コース3年)と川崎さん(映像コース2年)に
映像のこだわりを語ってもらいました。

こだわりポイントその1は、立体的な動きのあるカット。
カメラを安定させる装置やクレーンも駆使して
スピード感や3D感のある映像を演出しています。

そして、その立体的なカメラの動きにあわせるように浮かぶ
テロップなどの特殊効果が、こだわりポイントその2。
空間に溶け込むようにビジュアルエフェクトが散りばめられています。

これ、技術的には「モーショントラッキング」と呼ばれるもので
ビデオのなかの動きに合わせてテロップなども一緒に動くように
自動で編集してくれる機能なのですが…
今回は手描きアニメも動かしているため必ずしも自動ではなく
手作業でもコツコツ細かく編集するという根性技も駆使!
結果として、より自然な動きが実現されています。
私にとっては動きが自然すぎて全然ピンときていなかった…

そんな制作の日々を振り返り、
「先輩たちを含め多くの人が関わる中で
 作品ができていくプロセスの中にいれてよかったです。
 先輩たちがギリギリまで手を抜かないのだから
 もっと諦めないでやりきらなきゃいけないと思った」と川崎さん。
強いこだわりの意志をもって制作に取り組んだことは
二人にとって貴重な学びの機会にもなったようです。

映像のラストシーンは、学生みんなの持つ意志(=矢印マーク)が
「京都精華大学」を描き出すことを表現しています。
今回の制作活動で深められた彼らの意志やこだわりが
また新しいセイカの魅力の一つとして加わった…
そんなことを思いながら、私はもう一回再生ボタンを押してみます。

カテゴリー:セイカの学生 | Comments[ 0 ]

秋のリフレッシュタイムを、REATAで。

Date_ 2013.10.09 18:49

キャンパスのすぐ側にある食堂「REATA」の食器120枚が
10/14(月)から全て陶芸コース学生による手作りになります。
秋のリフレッシュ工事ということですね。
というわけで、現在れあたでは食器の刷新に合わせて
陶芸コース4年生6名による「refresh」展が開催されています。

もともと食器の刷新だけの企画だったのですが
折角だから展覧会もやりたいと、学生がれあた店長に企画を持込み。
快諾されて、「refresh」展が実現しました。



食堂のあちこちに、自然の爽やかさをテーマにした作品が展示されています。
そっと触れたら温もりを感じそうな、やわらかな硬質さ。 
昼食タイムの優しい日差しを浴びながら、そっと佇んでいます。

中でもパンチが効いているのがこの団子虫型フライヤー立て。きもかわ。
この「Bug’s Life 04」の製作者が、奥山くんです。
奥山くんは、昆虫をテーマにしたインパクトある器の制作を続けています。
実用性と作家性の両立という陶芸らしさが活きていて
こんな楽しい作品を日常のなかに溶け込ませておいたら
ふとした瞬間に、頭の淀みをサーッと洗い流してくれそう。

実は会期中に特別メニューが準備されていて
このセット専用の食器も展覧会メンバーが制作しています。かわいい!
(さすがに大量の制作で夏休みは大変だったとか…)

6点の食器を楽しみながらハロウィン仕様のランチをいただいて
秋の到来を感じるリフレッシュタイムを楽しめました。
このメニューのデザートには、リフレッシュのための秘密が潜んでます。
食べてみてのお楽しみ。

しかおのつぶやき