マンガミュージアムでも卒展開催中! #seikaweek2013

Date_ 2013.02.21 19:40

昨日から始まった卒業・修了制作展
京都国際マンガミュージアム(通称:MM)でも
マンガ学部とマンガ研究科の展示が行われています。

卒業制作作品集に掲載された作品の原画や
カラーイラストをパネルで展示しているストーリーマンガコース。

おとといのブログでカラー作品の展示に力を入れている、と
紹介があったとおり壁じゅうにカラー作品がずらずらーっと並んだ
コーナーではお気に入りの作品を探してみるのがおすすめ。
自作の冊子やポストカードの配布もあるので
気になる学生の作品は要チェック!

カートゥーンコースでは切り絵のような絵が印象的な
末次さんの立体作品「ゲスぱんだ双六」が目を引きます。
風刺をきかせた2012年の時事ネタが詰まっている作品です。

星をモチーフにした連作はカートゥーンコースの畠さん。
作品タイトルはずばり「卒業星作」。
3年生の進級制作も「進級星作」をテーマに描いていたんだそう。
それぞれが育ててきたユーモア精神が見られるのが
カートゥーンコースのおもしろいところ。

マンガプロデュースコースでは
岸くんの「神様LOOK YOU」が目に留まりました。
同じクラスの出尾さんの作品が好きすぎて、
卒制では彼女の4年間の作品集を手がけたんだそう。

岸くんががんばるなら、と出尾さんは作品集用に新作を描きおろし、
巻末には作者・出尾さんのインタビューも収録。
こんなことができるのもマンガプロデュースコースだからこそ。

アニメーションコースではミュージアムのホールをつかって
作品上映会が期間中毎日行われています。

学生たちは作品上映会のために気合を入れてポスターも制作。
ポスターがあるだけで映画館のような雰囲気が漂っていました。
アニメーションと一口にいっても
作品ごとに作風が全く異なるので
上映会で何本か見比べてみるとおもしろいですよ。

卒展期間中は館内をまわるスタンプラリーも開催。
参加するともらえる卒展キャラステッカーは今回だけのオリジナル。
こちらにもぜひ参加してみてくださいね。

(おまけ)
卒業・修了制作展の各会場を結ぶ
無料シャトルバスと運転手の高田さん。
この黄色いバスに乗りこんで、すべての卒展会場を制覇してくださいね~。

卒展・搬入日

Date_ 2013.02.19 21:52

いよいよ明日から始まる卒業・修了制作展

京都市美術館では、芸術学部とデザイン学部の学生と先生たちが
搬入、作品展示の真最中でした。


よっこらせと重い荷物を運ぶ、版画コースの池垣先生。
この日ばかりは先生たちも総出で応援にかけつけます。
展示に迷っている学生たちに的確にアドバイスしていました。


高さを測って、紐で平行のラインをとる学生たち。
平面作品って展示が簡単そうに見えますが、隣の作品との距離や
高さのバランスを決めるのがけっこう難しいのです。


デジタルクリエイションコースのあゆぴー。
作業台にのぼって大きな作品を展示する姿が勇ましい。


インテリアプロダクトデザインコースの陽太郎くん。
いつもジャケットを着こなして英国紳士のようなのですが、
搬入のときでもふだんと変わらずビシッときめていました。

そんなオシャレな陽太郎くんは
SEIKA FASHION COLLECTION」のモデル選びから
取材・撮影を担当してくれています。
卒業制作でも人物をモデルにした写真集を制作しました。

同じコースでも、学生の数だけ表現は多様です。
コースを比較することはもちろん、
それぞれコースを深く知ることができる機会なので、
ぜひ高校生のみなさんに観てほしいです。
京都市美術館では、入試相談も受け付けているので、
興味のある方は、2階受付にいるスタッフに声をかけてくださいね。

マンガ学部・大学院の卒業・修了制作展が行われる
京都国際マンガミュージアムものぞいてみました。


ストーリーマンガコースの会場の入口壁面。
4年生と先生たちの自画像が寄せられていて集合写真のよう。

ストーリーマンガコースの竹宮先生に今年の4年生の印象を聞くと、
「私から見ると、ちょっとそれ難しいんじゃないの?と思うようなことでも
やりたいことはとにかくやってみようと取り組む学生が多かったですね」
そんな4年生たちは、今回、ふだんあまり描かないカラー作品の展示に
力をいれたそうなので、それを見るのが楽しみです。
卒業・修了制作展/セイカウィーク2013」は、明日から2/24(日)まで開催。
(5日間って、本当に短いなといつも思います)

ぜひ、ご覧ください。

卒展準備中/ありがとうございました

Date_ 2013.02.15 17:30

いよいよ来週に迫った、卒業・修了制作展/セイカウィーク
搬入に向けてラストスパートの雰囲気です。

日本画コース女子、展示用の木枠をペイント中(↑)。
「木片に塗料を塗ってヤスリで磨いたらいい感じだったので
これでいこうと思ったら、思ったとおりにならなくて・・・」
そこへ通りがかった同級生が「ヤスリを変えるといいよ」アドバイス。
7号館にはペイントされた木枠がゴロゴロしていました。

陶芸コース男子と女子、展示台を制作中(↑)。
これはセイカウィーク関連イベント「せいかのおみせ」用のもの。
卒展の準備はもう完璧?と訊くと、自信たっぷりに
「まだです!てんやわんやです!」

版画コース女子たち、展示作品を梱包中(↑)。
てんやわんやな学生がほとんどの中、
梱包をするふたりからは余裕を感じました。

さて。私事ですが、今日が最後の出勤でした。
最後の日にブログを書くことになり、
何書こうかなあと考えて向かったのは学生たちのところ。
キャンパスを歩き、「なにしてるの?」と声をかける、
ドキドキしつつも好きな瞬間でした。
いつも一生懸命に制作に励む学生がいっぱいで、
おもしろいこと、おかしいことをしている学生もいっぱいで。
突撃取材に快く応じてくれたみんな、ありがとう。

セイカの卒業・修了制作展/セイカウィーク
2月20日(水)~24日(日)に開催します。
同じ時期にセイカを卒業する学生たちの作品が、とても楽しみ。

しかおのつぶやき