養老孟司さんが語る「動くことと考えること」

Date_ 2013.10.28 20:53

「バカの壁」などの著書で知られる解剖学者・養老孟司さんの講演会が
先週開催されました。


対談者は人文学部のウスビ・サコ先生
木野通信の対談がきっかけで今回の講演会が実現しました。
ちなみに、養老さんは京都国際マンガミュージアムの館長でもあり、
セイカとはつながりの深い方なのです。

講演会のテーマは「動くことと考えること」。
セイカの人文学部の学び方を軸に、養老さんの経験を交えながら、
学問とは何か、教養とは何かについてお話しいただきました。


「解剖とは人体を言葉に置き換えることなんです。」と、冒頭から引き込まれる話。
かつてばらばらに呼ばれていた身体の部位の名称が解剖学によって統一された、
つまり、人体というわけのわからなかったものが言語化されて共有されたということ。
人間とそれを取り巻く世界を言語化していくのは人文学部も同じです。

養老さんが大学で解剖を学びはじめたとき、死体を扱うことから
いったい何を学んだらいいのか、わからなかったそうです。
でも、わからないからこそ、学びながらいろんなことを考える。
自分にとって死んだ人がどういう存在であるのか。
なぜ日本とほかの国で死んだ人の扱い方が異なるのか。
死んだ人と生きている人の表情の違いについて考えることで、
ふだん自分が人とどのように接しているのかに気づいたり。
そうやって、どんどん思考の世界が広がっていったことが、
楽しそうにエピソードを話す養老さんから伝わってきました。

いま大学で学んでいる学生への言葉として
「自分にとって知らないことを見つけることが“発見”なんです。
だから嬉しくなる。他人が知っていようがいまいが関係ない。
僕が続けている虫採りだってそうです。
行ってみないと何が採れるかわからない。
“一歩出る”ということ。それが勇気を出すということ」とも。

特別な人間でなくていい。特別な発見でなくていい。
一歩外に出ること、動くことによって発見がある。

セイカの人文学部が大切にしている“行動して考える”
その身体的な学び方をわかりやすく話していただけました。
こんなに楽しそうに話されると、一歩出てみようかと、
学びたい欲求がうずうずしてきた人も多かったんじゃないかな。
“背中を押す”とはこういうことだと感心しきりでした。

荒井良二さん特別授業(イラちゃん・ストちゃん編)

Date_ 2013.10.22 19:36

体育館に行ってみると、昨日に引き続いて客員教員の荒井良二さん
イラストコース1年生の授業を行っていました。
今日はみんなで絵を描くそうです。そのお題はというと…

「2014年度版イラスト家族 イラちゃん・ストちゃん」!

1年生64人が2つのグループに分かれ、“風”が特徴の「イラちゃん」、
“光”が特徴の「ストちゃん」を大きなキャンバスに描いていきます。

「こういうのは端から描きだす人が多いんだよなー」
とつぶやいた荒井さんの言葉に反応したのか、
デッキブラシでスーッと真ん中に線を入れたり、
キャンバスの上に乗って絵の具をまき散らしたり、と
両グループとも果敢に中央を攻めます。

「イラちゃん」「ストちゃん」は下書きもなければ、
姿かたちも定まってないのに、勢いよく色を載せまくる学生たち。
あふれんばかりの笑顔から推測するに、
描くことが楽しくて楽しくて仕方ないみたい。

「足で描くなー。手も使えー。」
「まずは白いところを全部埋めてみろー。」
「水を使え。水をまけ―。」

荒井さんはキャンバスのまわりを歩きながら
まんべんなく学生に声をかけていきます。
はじめは真っ白だったキャンバス。2時間も経つと…

おおー!
思ってたよりも迫力のある、大きな大きなキャラクターに。
(↑こちらは「イラちゃん」)

イラストコースの1年生に感想を聞いてみると
「いつもはひとりで絵を描いているので、
チームワークも必要で、こんなに体を動かす
激しい授業は初めてでした。楽しかったです!」
「荒井さんが“ここはいらないんじゃない?”と言ってくれたり
バランスを見て“こっちにも描いたら”とアドバイスをくれたので
なんとかできあがりました!」

「イラちゃん」「ストちゃん」はイラストコースのある
風光館に後日展示されるそう。
作品の完成度を高めた荒井アドバイスとはなんだったのか、
じーっくり眺めて、それを想像してみるのもおもしろいですね。
荒井さんとイラストコース1年生の力作、ぜひご覧ください。

荒井良二さんが語る、仕事、才能、自分。

Date_ 2013.10.22 11:51

昨日、イラスト学科客員教員の荒井良二さんの特別授業がありました。


(写真右が荒井さん、左はイラスト学科で絵本の授業を担当されている
編集者の小野明さん)

荒井さんは絵本の制作を中心に、イラストレーション、挿絵、広告、
舞台美術など幅広い分野で活躍されています。
「絵本作家なのに、なぜこんな仕事をするの?と聞かれるよね」と
小野さんが問いかけると
「職業って自分が決めるんじゃなくて、他人が決める要素が大きいと思う。
自分がやってきたことを他の人が見て、『あなたは絵本作家ですね』と
規定している感じかな」と荒井さん。

依頼されたことにこたえる。
そして、自分の作品を手にする見えない人たちにこたえるのがプロだと
荒井さんは言います。
誰かに依頼された仕事には、ルールや制約があることが多い。
そのルールや制約を楽しみ、「(その依頼には)オレならこうこたえるぜ」
と楽しむのが、荒井さん流の仕事に対する考え方なのです。


また「才能ってほしいと思う?」と小野さんが問いかけます。
それには
「ほしいけど、才能があるかないかは考えないようにしてるね」と。

才能は職業と同じで、他の人が見つけてくれるもの。
自分では思ってもみないところを、他の人に「そこいいね」と
言われて気づくのだ、と。

「才能がないと思うのであれば、自分に足りないもの、欲しいものを
どこかから持ってきてくっつければいい」
荒井さんのこの言葉には、肩の力がスッと抜けるような思いが。

かっこいい名刺が欲しいと思い、用紙を買ってみたものの結局つくらず
「私が名刺です」と言う荒井さん。
それは「絵本作家」や「イラストレーター」という職業だけで
語ることのできない「依頼されたことになんでも楽しんでこたえる」
荒井良二さんの姿を物語っているな、と思いました。

しかおのつぶやき