オープンキャンパスまであと1日(在学生に聞こう)#seikaoc

Date_ 2013.10.05 18:41

明日にせまったオープンキャンパス

プログラムは、受験生向けの入試対策プログラム、
これからセイカを知りたい高校1・2年生向けのプログラムにわかれているのですが、
学年を問わず立ち寄ってほしいのが、「在学セイカフェ」。

ドリンクや軽食のサービスがあるので、
ちょっとゆっくり座って休みたいなーというときにオススメです。
学生スタッフがいるので、なんでも聞いてみることができますよ。

※写真は学生スタッフのマルコメ(洋画コース4年生)

どんな学生生活をすごしているのか、
一人暮らしはどんなか、どんなサークルがあるのか、
アルバイトはしているのか、などなど、授業以外の質問も遠慮なくどうぞ。

天気予報によると、明日は晴れるけど、蒸し暑いらしいですね。
在学セイカフェでのどをうるおしていってくださいね。

終日楽しめるプログラムを用意しています。
みなさんの参加をお待ちしています!

※セイカまでのアクセスはこちらでご確認ください。
最寄り駅は、京都市営地下鉄「国際会館」駅か、叡山電鉄「京都精華大前」駅です。

京都駅から大学までは約30分、
大阪キタからなら1時間~1時間半、
三ノ宮からなら1時間半です。

OCまであと4日(推薦入試までに何をしたらいいのか)

Date_ 2013.10.02 21:24

今週末10/6は今年最後のオープンキャンパスです。
プログラムパンフレットができましたー。

広報課シモジマさんにもってもらいました。
今回イラストレーションを担当してくれたのは、
イラストレーションコース2年生の谷小夏さんです。

10月のオープンキャンパスは、
公募制推薦入試の1ヶ月前ということで、
受験生向けに「入試対策」のプログラムを用意しています。

朝いち10時からはじまる「入試ポイント説明会」では、
学部共通鉛筆デッサンなどで、
どんなポイントを注意しておけばよいのか解説しますよ。

資料請求をしてくれた人には、「合格作品集」をお送りしていますが、
冊子には書かれていない、
あと1ヶ月でできる対策ポイントにしぼって先生がお話します。

個別に作品講評をするコーナーもありますので、
自分になにが足りないか、どんな対策をしたらいいか、
ここに来たらわかるオープンキャンパスです!

クマさんと味わう、「ラティーノ」1巻

Date_ 2013.07.12 18:21

ギャグマンガコース・おおひなたごう先生の「ラティーノ」の
コミックス第1巻が発売されました。
「週刊モーニング」(今ではデジタル版「Dモーニング」)を
毎号読んでいたとは言え、単行本を手にするとまた違った印象が
(表紙が予想外に緑だったり)。

「ラティーノ」と言えば、この人。
入試課クマガイさん(通称クマさん)と一緒に、コミックス版「ラティーノ」を
味わってみましょう。


「何度読んでも、面白いなあ」とクマさん。
1巻の中でも、クマさんの好きな作品は「ラティーノの初恋」の回だそう。

たとえばここ、と教えてもらったのは
「ラティーノが自転車に乗ってたら、ソバ屋の出前とぶつかるやん。
それで・・・(2ページめくる)ここでもラティーノが自転車に乗ってたら・・・
またソバ屋とぶつかる。このお約束がさすがギャグマンガ、と思わせるよね」

自転車→ソバ屋とぶつかる という笑いの公式に
気づくあたり、さすが「ラティーノ通」のクマさん。

よく見ると、ソバ屋とぶつかるコマは必ず右ページの下に配置されている。
このあたりもギャグマンガの公式なのでしょうか。

「あとは、敵役としてメカラティーノが出てきたあたりから、
ぐっと物語がおもしろくなった。これはゴジラ×メカゴジラの図式やね」

円谷プロまで飛び出す、クマさんの分析。
ここまでの読み込みっぷりは、ラティーノへの深い愛情から
生まれるもの。

と思ったら。
「おおひなたさんの作品やったら、ぼくは『コアソビー』が好きかな」

・・・ラティーノ、敗れたり。

しかおのつぶやき