東北からの風に乗って

Date_ 2013.10.30 17:28

木野祭が近づいてきました。
大学祭といえば屋台やイベントが目白押しでハッピーなお祭ですが
一方で、日頃の学びの成果を示してメッセージを投げかけるという側面もあります。

今年の木野祭のなかで、「東北からの風」と題して
震災被災地について考えるイベントが開催されます。
人文学部の板倉先生のゼミ生が中心となって、
震災に関する講演会や被災地で収穫された野菜の販売会を企画しました。

企画メンバーの一人、佐久川さん(人文3年、写真左)は去年、
チェルノブイリ事故の12年後を取材したドキュメンタリー映画『プリピャチ』を見て
その虚無感の強いモノクロームな世界観にショックを受けました。
「日本も白黒になっちゃうのかなぁって思ったら、悲しくなって。
 …でも、そんな「かわいそうな私」にだんだん疲れちゃったんです。
 そしたら、何か行動を起こせないかなぁって思うようになってきました。」
そして昨年から開始した原子力についての自主的ゼミや、
この「東北からの風」に参加するようになったそうです。

今回のイベントを通じて投げかけたいメッセージは、
「原子力の時代に生きる一人ひとりが何かを考えてほしい」ということ。
佐久川さんはこう言います。
「どうするべきか、なにができるか、そういうことを考えながら
 一人ひとりの「なんでだろう?なんでだろう?」が集まれば
 社会の流れも変わると思います。」

今回の講演会では、様々な立場のかたが登壇することになっています。
避難を決断した自治体の関係者、原子力に詳しい研究者、
そして被災地を訪ねたセイカの学生たち…
多くの視点から東北のことを考えることで
新しい発想を生み出すことができるかもしれません。

福島第一原発から京都精華大学まで直線距離で約540km。
その距離を超えて「東北からの風」が吹きつけます。
この風にのって、私たちはどこへ行くべきなのでしょうか。
行くべき道筋を思い描く想像力を膨らませるために
新しい視点を見つけていく努力と行動が
今後の日本の未来に不可欠なのではないかと思います。

養老孟司さんが語る「動くことと考えること」

Date_ 2013.10.28 20:53

「バカの壁」などの著書で知られる解剖学者・養老孟司さんの講演会が
先週開催されました。


対談者は人文学部のウスビ・サコ先生
木野通信の対談がきっかけで今回の講演会が実現しました。
ちなみに、養老さんは京都国際マンガミュージアムの館長でもあり、
セイカとはつながりの深い方なのです。

講演会のテーマは「動くことと考えること」。
セイカの人文学部の学び方を軸に、養老さんの経験を交えながら、
学問とは何か、教養とは何かについてお話しいただきました。


「解剖とは人体を言葉に置き換えることなんです。」と、冒頭から引き込まれる話。
かつてばらばらに呼ばれていた身体の部位の名称が解剖学によって統一された、
つまり、人体というわけのわからなかったものが言語化されて共有されたということ。
人間とそれを取り巻く世界を言語化していくのは人文学部も同じです。

養老さんが大学で解剖を学びはじめたとき、死体を扱うことから
いったい何を学んだらいいのか、わからなかったそうです。
でも、わからないからこそ、学びながらいろんなことを考える。
自分にとって死んだ人がどういう存在であるのか。
なぜ日本とほかの国で死んだ人の扱い方が異なるのか。
死んだ人と生きている人の表情の違いについて考えることで、
ふだん自分が人とどのように接しているのかに気づいたり。
そうやって、どんどん思考の世界が広がっていったことが、
楽しそうにエピソードを話す養老さんから伝わってきました。

いま大学で学んでいる学生への言葉として
「自分にとって知らないことを見つけることが“発見”なんです。
だから嬉しくなる。他人が知っていようがいまいが関係ない。
僕が続けている虫採りだってそうです。
行ってみないと何が採れるかわからない。
“一歩出る”ということ。それが勇気を出すということ」とも。

特別な人間でなくていい。特別な発見でなくていい。
一歩外に出ること、動くことによって発見がある。

セイカの人文学部が大切にしている“行動して考える”
その身体的な学び方をわかりやすく話していただけました。
こんなに楽しそうに話されると、一歩出てみようかと、
学びたい欲求がうずうずしてきた人も多かったんじゃないかな。
“背中を押す”とはこういうことだと感心しきりでした。

高見島に行ってきました。(瀬戸内国際芸術祭2013)後編

Date_ 2013.10.26 17:30

高見島に行ってきました。(瀬戸内国際芸術祭2013)前編」の続きです。


藤野裕美子さん(大学院芸術研究科博士前期課程修了)の作品
「肩の情―高見島―」。
島の住人のほとんど全員にあたる、30人のポートレイトを描きました。


モデルの身体の向きや描かれている部分も様々。
共通しているのは、どこか一部が画面から切れてしまっているところですが、
それが逆にその人物の特徴や個性を引き立たてているように感じます。
「最初は恥ずかしがって嫌がる方もいましたが、ほかの人を描いた絵を見てもらったり、
何度か話したりするうちに、描いてほしいと言ってもらえてうれしかった」と藤野さん。
制作をとおして、高見島の人たちと交流を深めたエピソードを楽しそうに話してくれました。


若林亮さん(大学院芸術研究科博士前期課程修了)の「望郷の火」。
古い瓦が積み上げられ、煙突状の窯の中で木材が激しく燃やされています。
瓦と木材は、この島にある使われなくなって崩れた家の廃材が使われており、
会期中の土日祝日の夕方、高見島を出る最後の船を見送る時間にあわせて
かがり火を焚くという作品です。


「芸術祭で島を訪れた人たちを送るのと同時に、行き交う船や、
島を出て暮らすかつての住人の方たちの道しるべになるように」
と、懸命に火を焚く若林さん。
日が沈むにつれ辺りを明るく照らします。そして出航の時間に。


港を離れゆく船に向かって大きく手を振る若林さんの姿。
今は失われてしまった、私たちにとって大事な何かを
この作品が回復してくれた気がしました。

「瀬戸内国際芸術祭2013」の会期は、11月4日(月・祝)まで。
高見島には、このほかにも紹介しきれなかった作品があります。
会期は残りわずかですが、ぜひ現地に足を運んでみてください。

ちなみに豊島では、3年前の開催時に制作された
塩田千春さん(洋画分野専攻卒業)の作品「遠い記憶」が展示されています。


木製建具でつくられたトンネルが、この地の人々の記憶をつなぎます。

じつはこの作品、建物の老朽化のため今年を最後に撤去されることに。
豊島に行かれた方はお見逃しなく。

しかおのつぶやき