らくたび文庫の編集者

Date_ 2009.02.28 17:55

「らくたび文庫」の編集者、光川さん(写真・左)が来てくれました。
光川さんは人文学部の卒業生。
いま広報課がつくっている大学案内パンフレットを手伝ってもらっています。
パンフレットがいよいよ大詰めなので、今日は大学で作業中。

光川さん、24歳とは思えない落ち着きっぷり。
急に大学に来てもらうことになっても、冷静な返事が返ってきます。
反面、その冷静さの内には、文字や本づくりに対する熱い想いがあって、
木野通信で取材させてもらったときには
「らくたび文庫」へのまっすぐな想いを語ってくれました。
仕事の進め方でも、すごいなあと教わることがたくさんあります。

ちなみに。
右の人物は以前にここでも紹介した人文学部の卒業生、河上さん。
なんと光川さんと同じ誕生日、2月26日生まれ(キングカズと一緒!)です。
星占いはあんまり当たらないんじゃないかなあ。

カテゴリー:セイカの卒業生 | Comments[ 0 ]

新本館フロア案内

Date_ 2009.02.27 18:00

講義室のひとつ下の階に、広報課は入ります。
わたしには思い出を心にしまう間もありません。
新しい本館、学生のみんなが関わる部署や教室はこちら↓

1F 教務課、学生課、障がい学生支援室、保健室
2F 就職課、入試課、文化情報課、広報課
3F 講義室、CALL教室、国際交流課
4F カウンセリングルーム、総務課、経理課、企画課、学長室
5F 演習室

–One–

カテゴリー:トピックス | Comments[ 0 ]

思い出は心にしまうものさ

Date_ 2009.02.27 12:13

カウントダウンが始まっている、新本館までの引っ越し。
仮事務所ではドタンっ、バタンっと、
重量制限を超えている箱を積み上げる音がサラウンドで聞こえてきます。

広報課は意外にモノが少なかったので、
個人のモノ以外はもう荷詰め終了しておるわけです。
んでもって、他の所はどんな感じかいなと思って、
少し探索にでかけてみました。


引っ越し基本スキル「内容物を書き記せ」
そうしないと見失いますから。

んでその中に、


タイコ。

いや、気にならない方が無理ですよね。
許可をもらって空けさせてもらいました。
というかダンボールに入れるほどでも、、、


ビッタリ入ってました。タイコ。
そう、あのタイコ(おばさんではない方)。

もっとセイカらしいものはないかないかなと
他を見ていると、


そうそう、こういうのです。求めていたのは。
すごく開けたい。いやぁ見たい。

ですが、引っ越し基本スキル「目的を忘れるな」を思い出し我慢。

ダライボックスのとなりに、薄っぺらい形のダンボールが。
が気になったので開けさせてもらうと、


中身はまたタイコ。引っ越し先倉庫。YO。

他にも、


見たことないのに、見たことあるような。
玄関の靴箱の上とか、実家のテレビの上とかで。

店に看板犬が欲しいご主人が、
世間一般で犬が最も好きなものとされている骨を加工し、
看板犬に調教した。という設定の元に制作です、きっと。

とこれ以上邪魔すると白い目でみられるので、
続きは引っ越した後で。

カテゴリー:トピックス | Comments[ 0 ]

しかおのつぶやき