バスとエイデン

Date_ 2010.05.31 17:49

土曜日に開催された「佐藤優講演会」には
学外からもたくさんのご来場をいただき、ありがとうございました。

初めて京都精華大学に来た人が多かったのか、
講演会終了後、本館前のバス停を見つけて
「あ!バスがある。これ乗れるの?」という声を多数聞きました。

スクールバスありますよ~!わりと待たせませんよ~。
大学-京都国際会館駅(地下鉄)まで、誰でも乗れますよ~。

来られるときは、叡山電車(略してエイデン)だったんでしょうか。
「京都精華大前」という駅があるだけに、
京阪電車+エイデンを選択してしまいがちですが、
(そういえば、私も最初の面接にくるとき、エイデンで来た!)
地下鉄+スクールバスもかなり便利ですよ~。

でも、晴れた日の昼間のエイデンはとてもオススメ。
(桜・紅葉・火祭りのときは激混みなので要注意ですが)

↑ きょうのエイデン。これは2両編成ですが、色が好き。

で、このエイデンで、こんなイベントがあるらしいです。
風博士と行く一箱古本列車 inエイデン号
ガケ書房という本屋で働く、人文学部の卒業生・梅野さんが企画してるらしい。
電車内でライブと古本市!そしてパンとコーヒー!乗りたい・・・。

これは、「左京区ワンダーランド」というイベントの一環なのですが、
このイベント自体も、セイカの卒業生が企画しているそうです。

また、「かぜのね」であるトークイベントでは、
セイカノートも紹介してもらうので興味があるかたは、ぜひ。
ちなみに次のセイカノート(05号)は、
いままさに編集・取材中で、6月中旬発行予定です!

現在を知る

Date_ 2010.05.29 19:56

今日は岡本清一記念講座、「日本と世界を考える」が開かれました。
3回目の今回は、元外交官で作家の佐藤 優さんをお招きして、
『自由の現代』をテーマに日本の「現在」について語って頂きました。

同志社大学の神学部大学院卒後、外務省に入省し国際情報局の
分析官として世界情勢の情報収集や分析に携わってこられた佐藤さん。

現在は文筆家として、国内外の政治や外交に関する書籍を数多く
執筆されています。

壇上にあがるや、自身の経歴を冗談まじりに紹介しつつ、
今の日本政府や外交について語る佐藤さん。
『秘密警察はレジュメをくれません、記憶力が鍵です』…などと、
スパイ映画のワンシーンを彷彿させるような外交官時代の体験を
惜しげもなく次々と披露。
明窓館いっぱいに集まった来場者を湧かせていました。

沖縄の基地問題やアメリカと日本の関係、官僚と民主党政権の話題など、
元外交官・官僚としての切り口で軽快に語ってくれた佐藤さん。

講演後の質疑応答では、来場者から次々と質問が寄せられ、
私的な話題から現職総理の資質に関する質問まで幅広い質問にも
一つ一つ丁寧に論説してくれていました。

僕個人は不勉強なのも手伝って、メモを取りながら聞いていたのですが、
それにしても世界を見渡す視野の広さと、見識の深さに脱帽です。
普段、新聞やニュースでしか目にしない歴代総理や官僚の名前が
ポンポンと飛び出して、次の言葉にワクワクしつづけた90分間でした。

鋭い語り口と全身から感じさせる、世界を又にかけた人独特の
オーラに魅了されつづけた会場。
これからのニュースや新聞の見方が変わりそうなくらい濃密な講演会でした。

カテゴリー:イベントをチェック | Comments[ 0 ]

つぶやいてます

Date_ 2010.05.28 12:12

とどまることを知らない、ツイッターブーム。
セイカではツイッターを使って出席をとる授業もあったりします。

そんなツイッター、アカウントをもっていなくても
気軽につぶやけるところがあると聞いてさがしてみました。
もらったヒントは、赤い、四角い、個室。

ありました!思わぬところにありました。
QRコードでメールアドレスを読み取ってつぶやける仕組みです。

学生がはじめたこのプロジェクト、
当初は対峰館だけでしたが、キャンパス全体に広がったようです。
わたしは本館でみつけました。・・・が、さがす楽しみもあると思うので、
くわしい場所は内緒にしておきます。

広報課は、アカウントを2つもっています。
セイカセカイのフォロワーは1,000人を超えました。
学生はもちろん、全国からフォローがあってうれしいです。

それにくらべて、フォロワーが少なくて寂しか~
と最近よく嘆いているのが、広報課員のしかお
赤い四角い紙のことを教えてくれた学生も「しかおって誰ですか?」と・・・。

しかおはとてもミーハーなので、引き出しが広くて深くて大きい。
フォローしてくれたら毎日がちょっとたのしくなると思うです!(by しかお)

しかおのつぶやき