アニメ「BLEACH」脚本家・大久保昌宏さん

Date_ 2010.10.30 18:31


今日の人文学部の授業「キャリアデザインⅢB」の卒業生講演は、
人気アニメ「BLEACH」脚本家の大久保昌宏さんが講師でした。
この授業は人文学部以外の学部生も聴講できるので、
マンガ学部の子たちも見に来ていました。

現在はフリーの脚本家として身を立てている大久保さんですが、
最初のキャリアはアニメの制作進行だったそう。
今日の講演ではそんな制作進行の経験から、
アニメ制作の話を中心に話されていました。
現場を仕切る進行管理の仕事をされていただけあって、
各ポジションの話はとても的確に思いました。
それに、細かいエピソードも話してくれるので、
とてもリアルに感じられて、アニメ業界がすごく身近に思えました。

脱線も多くてその話がまた面白くて、
講演中終止笑いが耐えなかったのですが、
アニメ業界を目指す学生へ、しっかりアドバイスもくれました。

自身が担当していた制作進行を目指す学生には、
制作の中では一番ツライと言われている仕事だけど、
このポジションの人がしっかりしてさえいれば、
作品のクオリティがすごく上がる重要なポジションだということを、
サンライズ制作の「舞-HiME」を実例に挙げて話されていました。
(良い例として。スケジュール通り制作が進んだのだそう)

そしてもう一つ。セイカの学生たちを勇気付ける話として、
美大卒のアニメーターは即戦力になるということも話されてました。
なぜ美大卒アニメーターは有利か?
それはデッサンをしっかりやっているから。
職人のような仕事なので、1年は誰もが下積みをすることになるけど、
アニメーターを目指す人はそれを耐えてがんばってほしいと、
力強く檄を飛ばされていました。

木野祭前夜、の前々夜

Date_ 2010.10.29 22:08

台風が近づいてきているそうですが、
その前夜の今日は、うろこ雲が美しい秋の空が広がっていました。


夕暮れの空もきれいでした。

そんな中、今週末に開催される木野祭に向けて学生たちは着々と準備中。
小屋や装飾、何になるのか不明な素材が至るところに増えてきて
キャンパスは祭りの雰囲気が濃くなってきました。

この段ボールの山も何になるのか不明。いいかんじに積まれています。
授業が終わる頃になると学生たちは集まりだして、
店をつくったり、イベントの準備や出し物の練習を始めます。
今もトントン、カンカンと金づちの音と音楽が流れて活気があふれています。


木野祭実行委員も準備に追われています。
風光館前に立つ大ステージのタイムテーブルを描く
版画コース1回生のザーサイさん(実行委員は全員あだ名があります)。

本館前のコケモモの木のまわりをぐるりと囲んでいるメインオブジェや、
食堂前の木野祭カウントダウンなど、学内の装飾を担当しています。

「つくったものが形になって、みんなに見てもらえて楽しんでもらえるので
やりがいがあります。学生の皆さん、とにかく祭りに来てくださいね」

ザーサイさんたち1回生にとっては初めての木野祭。
1回生のみんなには、とにかく参加して、楽しんでもらいたいです。
10/31(日)は前夜祭もありますよ。


明日の台風で装飾が飛んでいきませんように。

カテゴリー:イベントをチェック | Comments[ 0 ]

映像と音と、生物多様性。

Date_ 2010.10.28 19:12

悠々館2階に現れた白い筒。

映し出された映像には、「Qualia」というタイトルが浮かび上がり、
木々や葉っぱ、川の流れが映し出されています。

近寄ってみると、「こちらからお入りください」の文字。
白い筒の中に入ってみたら(入れるんです)、そこは鏡の世界でした。

この円柱の正体は、
人文学部・楠瀬ゼミの3人がつくった卒業制作「Qualia」。
「生物多様性」を考えるための空間です。
鞍馬から京都駅まで、虫の音や足音、街などの音と映像が流れていて、
京都の自然と都市との関係を想像できる空間になっていました。

制作したのは、4回生の杉林和紀くん、田辺成悟くん、松永結さん↓。
3人はふだんから一緒にイベントを主催している仲間だそう。
(和紀くんはDJ、成悟くんはMC、結さんはダンサー)

今回は、和紀くんが音収録を、成悟くんが映像撮影と編集、チラシデザインを、
結さんが写真を担当しています。

自分たちがイベントでやってきたことと、
大学での勉強を結びつけて、
かっこいい空間に仕上げていました。

3人でこの卒業制作の企画を考えているとき、
しゃべりだしたら止まらなくて気づいたら朝になってた時もあったとか。
お互いのもってる才能や特技を好きで、認め合っているのが、
ちょっとしゃべっただけでわかりました。
めちゃ仲良しで、いいなあ。

今日でこの筒は片付けてしまうらしいのですが、
12月の人文学部の卒制展でパワーアップしたのも、また見てみたいです。

カテゴリー:セイカの学生 | Comments[ 0 ]

しかおのつぶやき