弥太郎にカレー

Date_ 2010.11.30 20:48

ゴロがよいので、タイトルにしてみました。

今日のリーディング・ラボのゲスト、
松浦弥太郎さん(『暮しの手帖』編集長、「COW BOOKS」主宰、文筆家)が、
無類のカレー好きだったので。

子どもの頃、ポパイのほうれん草のように、
カレーを食べたら、計算も早くできて、速く走れたそうです。

さて、今日の講演のテーマは、「本を読むということ」。
松浦さんが本とどんなふうに関わっているのか興味があったのですが、
のっけから意外なひと言が・・・。
「僕は2ヶ月に1冊しか本を読まないんです」

本を読むということは「人の話を聞く」、「人の考えを知る」のと同じ行為。
作家がどんな季節にどんな場所でどんなメッセージを込めて書いたのか、
たった1ページに空想を膨らませているときが、至福のときだとか。

話を聞いているうちに、
本に対する接し方が、人や自分の人生に対する接し方の話へとつながって、
なんだか目の前の相手や自分を大切にしなくては!という気持ちになってきました。

松浦さんはモノでも場所でもなんでも、
「そのカタチをした人間」と思って接していて、
おもしろいところを見つけて楽しむのだそうです。
東京という街も、カレーという食べ物も。

それって、生きるセンスかもしれないけど、
相手のおもしろいところを見つけて想像できるって、
自分の気持ちが豊かでいられるコツなんだなと思いました。

カテゴリー:イベントをチェック | Comments[ 0 ]

名久井さんとブックデザイン

Date_ 2010.11.29 19:16

土曜日、kara-SでやってたGARDEN講座をのぞいてきました。
講師はブックデザイナーの名久井直子さん。

この講座は、トークショーとワークショップの2日間セット。
前日のトークショーでは、
名久井さんがどんなふうに装丁をするのか、
たっぷり語ってもらいました。

様子を見に行った広報課Mさんによると、
30代女子率が高く、みんなの目がハートだったとか。
わかるー。私も、装丁が気になって買う本が、
あれもこれも名久井さんのデザインだったってことがよくあります。

で、この日のワークショップでは、参加者が、
長嶋有さんの著作『ねたあとに』の装丁にチャレンジ。
(これは、実際に名久井さんが手がけた本)

表紙、カバー、帯、花切れ、見返しなどを、
それぞれどんな色のどんな紙にするか、
しおり、表紙や本文のデザインなどを、
いくつかのパターンから選んでいく内容です。

参加者の装丁を見てみたら、その凝り様ったらもう、
色ひとつにしても、そんな意味が込められてたのね!と驚くものが多かったです。
本文を全部読んでから装丁する、っていう
名久井さんに感化されたのでしょうね。

参加者18人のデザインを、意図を想像しながら見るのは、
かなり大変だったと思うのですが、
一人ひとりのデザインの工夫を聞きながら、
ふわっと驚いたり笑ったりする名久井さん。
名久井さんに講評されてるときの、みんなのうれしそうな顔が印象的でした。

この講座に参加した人は、
いままでよりもっと本を楽しむ方法を知ることができたと思います。
カバーを外して表紙まで見たり、
本屋に並んだままの姿(帯つき)で残しておいたり、
デザイナーの遊びを発見したり、私も楽しみが増えました。

名久井さん、参加者のみなさん、ガーデン事務局の高山さん、
おつかれさまでした!

カテゴリー:イベントをチェック | Comments[ 0 ]

10 × 10 × 2週目

Date_ 2010.11.29 18:43

先週ブログで取り上げた洋画コースの4年生10人による展覧会「10×10 vector」。
それぞれの会場で展示替えが行われて、2週目がスタートしました。


7号館ギャラリーでは豊田翔真さんの作品が展示されています。


椅子のファブリックのテクスチャーの表現が面白いなと思って、
近づいてよーく見ると、、、、、実際に確かめてみてください。


春秋館2Fの展示の様子。
展示空間としては一番広々としていて、大きな作品も映えます。


山城優摩さんの方眼紙に描かれたドローイング。
建築物を上から俯瞰したようで面白いです。
絵の前には、建築模型のような不安定な立体が置かれていました。


いちばん惹きつけられた、小田明日香さんの作品。
たぶん机上のグラスを描いた静物画なのですが、
グラスから葡萄のようなものが這い出ているような不思議な絵です。
荒い筆致と色づかいも良い感じです。


ソーセージのような形状のものがビニール袋のようなものに挟まれている、
何だかよくわからない物質感の気味悪さが印象に残ります。
小田さんの作品は本館1Fに展示されています。

今回の展覧会は、コンセプトや描き方が完成された作品というよりは、
実験的な要素が強い作品が多いように感じました。
でも、個人的には気になる作品が多かったので、卒業制作が楽しみです。

いまの展示は12/2(木)まで。
7号館と本館1Fは展示替えして、3週目も続きますよ。

カテゴリー:イベントをチェック | Comments[ 0 ]

しかおのつぶやき