大晦日といえば

Date_ 2010.12.31 12:30

いよいよ大晦日ですね。
今年やり残したことを、、、と言っても、
さすがにちょっと間に合わないし、もういいよねーとなる大晦日。
僕はこのブログでやり残したことが2つあります。

1つは、セイカ植物図鑑の続編。
シリーズっぽくしたのに、日々紹介したいことが多すぎて、
更新できずじまい。たぶん期待している人は少ないと思いますが、
来年はもっといろいろな植物を紹介したいなーと。

冬は花が少なくなりますが、5号館裏の椿の花が綺麗でした。

そして、やり残したことがもう1つ、と言うか、
ずっと気になっていたことがあります。

キャンパス内のとある場所。何か札のようなものが落ちています。


AKB。
たまたま禽舎(5号館横の鳥小屋)を見に行った帰りに見つけたので、
鳥の種類が書いてある札に見えてしまいました。
夏頃からずっと落ちたままになっています。
この札の来歴を知っている人がいたら、ぜひ教えてください。
ちなみに今夜の「紅白歌合戦」、AKB48は3番目に登場するそうです。

今年、ブログで紹介させていただいたみなさん、
授業やイベントの情報をお知らせいただいたみなさん、
本当にありがとうございました。

来年もみなさんにとって良い年でありますように。

ふなぴょん、冬休みオススメ本

Date_ 2010.12.30 14:21

冬休みは、たっぷり本を読める時間ができます。
なにを読もうかなあと考えて、
本の虫、ふなぴょん(教務課フナツさん)に聞いてみることにしました。

今年おもしろかった本をピックアップしてもらったら、
次から次に本の名前があがって、ちょっとうらやましくなりました。
おもしろい本にたくさん会えたってことは、いい年だったにちがいない。

そんなふなぴょんオススメの本をすこしだけ紹介。
『船に乗れ!』 藤谷治
娯楽小説として今年いちばんおもしろかった本、だとか。
高校でチェリストを目指す若者が、仲間たちが音楽にはまっていくストーリー。
「上巻のクライマックスは、鳥肌が立つくらいの盛り上がりです」とふなぴょん。

『回思九十年』 白川静
マンガ学部の吉村先生にオススメされた、今年いちばん響いた本、だそう。
「言葉や字というものへの打ち込み方がすばらしい」とふなぴょん。
学ぶことや研究することのすごさが感じられたと、感慨深げでした。

ついでに、いま読んでいる本を見せてもらったら、
渡辺公三さんの『闘うレヴィ=ストロース』
が出てきました。

この本は内田樹さんの著作『日本辺境論』の中で出てきた
文化人類学者のレヴィ=ストロースが気になって読み始めたそうです。
「南アメリカを探索した人なんだけど、未開の人種という見方をしない。
現地の人と近い距離でフィールドワークをした人なんです」とふなぴょん。

左手にもっている『これからの「正義」の話をしよう』は、
画箋堂の店長オススメってことで、次に読む予定らしい。

最近は、人から薦められた本を読むことにしているフナツさん。
先生たちに薦められた本をフナツさんが読んでいて、
フナツさんオススメの本を私が読む。
年末年始は、この流れに乗って楽しもうと思います。

カテゴリー:セイカの職員 | Comments[ 0 ]

鉄火麺!

Date_ 2010.12.29 12:24

早いもので、2010年もあと3日になりました。
やり残したことはありませんか?

やり残したこと・・・
やりの・・・

!!!!

藤本さんの笑顔がステキな日のブログでお知らせした
食堂の新メニューのことを書き忘れていました。

学生のみんなには、もうおなじみですよね。
その名も「鉄火麺」。精華オリジナルラーメンです。
370円、平日のみ1日限定30食、キャッチコピーは「からうま!」
店長さんこだわりの一品です。

鶏ガラと野菜をベースにしたスープに
特製のチャーシューが乗っかって、ねぎもたっぷり。
そして、これでもか!というほどパプリカがかかっています。
チャーシューもねぎも隠してしまうくらい真っ赤だけど、
見た目ほど辛くないので、辛いのが苦手な人もきっと大丈夫。

仕事納めの日、学生課の2人は鉄火麺の食べ納めもしていました。
田中さんはがっつりと、サイドメニューに牛丼を。
太田さんはまろやかに、卵をトッピング。

しかおのつぶやき