赤塚不二夫さんのビフォー/アフター

Date_ 2011.10.31 20:41

マンガミュージアムで開催中の「赤塚不二夫マンガ大学展」
そのオープニングイベントとして行われた、
藤子不二雄Aさんのトークショーに行ってきました。

藤子さんは、言わずと知れた「怪物くん」、
「忍者ハットリくん」、「プロゴルファー猿」などの作者。
わたしもアニメやマンガで見ていました。

藤子さんと赤塚さんとは「トキワ荘」で
ともにマンガ家を目指した仲。
トークショーでは、トキワ荘でのエピソードを
たくさん聞くことができました。

トキワ荘とは、藤子さんをはじめ
藤子・F・不二雄さん、石ノ森章太郎さんなど、
日本のマンガの一時代を築いた人たちが
駆け出しのころに住んでいたアパート。
赤塚さんもまた、トキワ荘の住人のひとりでした。

その頃の写真が特別に公開されたのですが、
中でも会場をわかせていたのは、
赤塚さんのトキワ荘時代と
ギャグマンガでブレイクした後の姿。
変貌ぶりがよくわかるこの写真を藤子さんは
「ビフォー/アフター」と称していました。

当時の赤塚さんは仲間内で一番ナイーブで、
気のやさしい美青年だったそうです。
女性がいる宴会でハダカ踊りをしようとする仲間をいさめたり、
ギャグマンガを描く以前は少女マンガを描いていたり。
バカボンのパパの格好をしてメディアに露出していたような
アフターの赤塚さんの姿からは、とても想像がつきません。

そんな赤塚さんのことを語る藤子さんからは、
かつての仲間を思うあたたかい気持ちが感じられました。

佐久間正英さんと音楽との距離

Date_ 2011.10.28 9:04

無音の1分間。

静まり返った教室で、
「トンタトトンタ、トンタトトンタ・・・・」
頭の中でだけ音が鳴る。

ただいま、ぴったり1分を当てる実験中。
トンタトトンタという2秒のリズムを繰り返し1分を計る人、
感覚だけで1分を計る人にわかれて、
1分たったと思ったときに挙手。

人間の、リズムを正確に刻む能力、
音に対する敏感さをたしかめるため、
アセンブリーアワー講演会で、
ミュージシャンの佐久間正英さんが行った実験です。
(佐久間さんの紹介は、先日の勝島さんにおまかせするとします)

この実験は、佐久間さんの音楽に対する考え方を物語っています。

音楽といえば、
どれだけメロディーが頭に残るか、
どれだけ心をゆさぶるかが大事そうだと思っていたのですが、
佐久間さんの音づくりは違いました。

佐久間さんにとって音楽とは、「楽な音」「楽しむ音」。
人間がいかに周波数やテンポの微妙なズレに敏感かを知った上で、
10000人が不快にならない音を追求するのだそうです。

音楽をエモーショナルな面から語るミュージシャンが多い中で、
物理的に、客観的に音楽を語る佐久間さんはめずらしいそう。
まさか周波数や倍音の話、
ひいては「音楽は空気振動にすぎない」
ということばが出るとは思いもよりませんでした。

佐久間さんと音楽との距離感は、
子どもがアリを不思議がって、何時間もじっと見ているような、
そんな抗えないほどの音に対する興味の強さゆえなのでは。
まるで研究者のようです。

と思っていたら、最近よく聴く音楽はなにかと聞かれて、
「人の曲が聴きたいわけじゃない」
と答える佐久間さん。
一転、アーティストの顔が出てきました。

最後に、私がいちばん印象に残った佐久間さんのことばを。

「演奏家は、音を出すことに集中している。
そこに感情などはない。
あるのは、言葉にできないもの、言葉にしちゃいけないものなんです。
だから僕は音楽をやっている」

カテゴリー:イベントをチェック | comment[ 1 ]

食パン少女・やまだちゃんがきた

Date_ 2011.10.27 19:58

さいきんTwitterでパンの話ばっかり
つぶやいてる子がいるので気になってチェックしていたら、
なんとその本人が広報課へ訪ねてきました。

名前は「食パン少女・やまだちゃん」
グラフィックコース2年生の
上本さん、山田さん、上武さん、塚口さんが
仕掛けるコンテンツ「食パンダッシュ」の
メインキャラクターです。
名前の「食パン少女」は、
食パンをくわえて学校へ走り急ぐ少女の通称で、
曲がり角でぶつかった彼が転校生だったり
隣の席になったり恋に落ちたりするんだそうです。
マンガやアニメでよく見るあの女の子たちは
そう呼ぶのか。。。

(↑左から上武さん、やまだちゃん、上本さん)

「食パンダッシュ」はフリーペーパーとTwitterを使って、
大手製パン会社のパンの魅力を伝えていくコンテンツ。

Twitterではやまだちゃんが、
新発売のパンをチェックして教えてくれますよ。
トレンドに上がってくるツイートのお題を
パンかやまだちゃんにかけてつぶやいてるのが
抜け目がなくて小憎らしいです。

フリーペーパーはもうすぐ2号が出ます。
特集は「食パンアレンジ」。
食パンのトッピングや調理法などが紹介されてるよう。
パン好きなわたしとしては、すごく気になる内容です。

木野祭ではフリーペーパーの配布と、
その特集で紹介している
「揚げパン」のお店を出すらしい。
もちろんやまだちゃんも売り子として参加します。

やまだちゃんの「揚げパン」が気になるので
木野祭のとき行ってみようと思います。

カテゴリー:セイカの学生 | Comments[ 0 ]

しかおのつぶやき