良いお年を!

Date_ 2011.12.26 19:58

事務局は、今日で仕事納めとなります。
12/27(火)~1/5(木)は施設が使えませんので、ご注意を。


学内でもあちこちで「お疲れさまでした。良いお年を!」
の声がしていました。
その声を聞くと、今年も終わるんやなあ、と実感。

私は今年の3月に広報課へやってきたのですが、
約10ヶ月間、いろんな場所にお邪魔して、
たくさんの人に出会いました。

今年の思い出をひとつ。
オープンキャンパスの日、
入試相談コーナーで出会った秋田の高校生の話。

AO入試の相談を受けるうちに、話が盛り上がり、
気づけば1時間半以上も話し込んでしまいました。
しまった!と思い、ようやく彼女を志望学部のブースへ
案内し、ホッとして事務室へ戻りました。

その日の夕方、彼女が私を探しているとの連絡が入りました。
「どうしても帰る前にお礼が言いたくて」と彼女。
偶然相談コーナーにいた私に、わざわざ会いに来てくれたことに感動。
と同時に、相手にとってみたら、説明をしてくれた人=セイカのイメージ。
そう思ったら、背筋がぴんとなりました。

これからも、セイカのおもしろいところ、良いところを
この「seika∞sekai」ブログで紹介していきたいと思っています。
あ、事務局は1月6日(金)から業務を開始しますよ。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー:トピックス | Comments[ 0 ]

安田奈央さんのPVができた

Date_ 2011.12.23 21:25

アーティストの安田奈央さんのプロモーションを考える授業、
人文学部のワークショップ科目「広告表現」のつづき。
安田さん本人を大学に招き、撮影していたプロモーションビデオが
完成しました。


受講していた人文学部2年生のハマダさん(左)と、ナカジマさん(右)。
今日は来れなかったニシモトさん(同じく人文学部2年生)とともに、
プロモーションビデオを作成しました。
3人は前回のブログにも登場しているので、PVのコンセプトについては、
制作途中の様子を見てみてください。

授業の感想を訊くと、
「3人とも、撮影するのも編集するのも初めて。トラブルもたくさん
あったけど、本やネットを調べながら何とか完成させました」
さらりと話すけど、すごい。

ほかにも、

「大学で広告を学ぼうと思ってセイカに入りました。この授業を受けて、
自分の想ったように表現することも大切だけど、それを社会のなかで
発信していくためには何が必要なのかを学ぶことができました」

とか、

「先生は、広告を学ぶことだけじゃなく、“やりたいことをやってみよう”
というメッセージも授業を通して伝えたかったんだと思います。
でも最初は、“積極的に行動してみよう”とか先生に言われても、
全然ピンとこなかった。それが一年間授業を受けて、しんどかったけど
実際にPVを完成させて、初めてその言葉が理解できたと思えました」
と、笑顔でいろいろ話してくれたナカジマさん。
何が楽しいかなんて、やってみないとわからないということ。

ユニバーサルミュージックの安田さんのオフィシャルページでは、
4つのチームが制作したPVが12/21から紹介されていて、
YouTubeで公開されています。
(ナカジマさんたちの作品は「大学生 作品3」です。)



新春、2012年1/4の京都新聞の夕刊でも、「広告表現」のことが
紹介されるそうなので、チェックしてみてください。

卒業制作、制作中!

Date_ 2011.12.22 18:00

4年生の卒業制作が佳境を迎え、
制作に励む学生の姿をあちこちで見かけます。

立体造形の工房には、ブルーシートに覆われた
巨大な物体がどどーん!と登場。

中をのぞくと、4年生の奥村さん↑が制作中。
組んだパイプを真っ白に着色しているところでした。
このあとバレエの衣装で用いるやわらかい布を纏います。
奥村さんいわく、「雲の上のようなイメージ」とのこと。
女性らしいふわふわとした作品になりそう。

テキスタイルコース4年生の秦さん↑は
友禅染で制作。布2枚を合わせた大作です。
鮮やかなピンクとブルーの配色に目を奪われました。
悩ましげな女の子が描かれていて、
秦さんの作品にも女性らしさを感じます。

カートゥーンコースの教室・・・
気合いがびしびしと伝わってきたので、ドアは開けず。

奥村さんや秦さんの作品も展示される
芸術・デザイン・マンガの3学部・3研究科の卒業・修了制作展は、
2012年2月15日(水)~19日(日)に開催します。
詳細は決まり次第、Webサイトでお知らせします。

しかおのつぶやき