春のオープンクラス(ノダさんはうつむかない)#seikaoc

Date_ 2012.04.30 20:53

昨日のお祭りムードから打って変わって、今日は授業日。
そしてオープンクラス(授業公開+進学相談会)の日でした。
ふだんの授業の様子を見てもらうイベントです。

私は進学相談会のブースにいたのですが、
たくさんの高校生と話して、
精華に合格したいという思いをぶつけてもらっていました。

相談に乗るというかたちではあるけれど、
じつは職員が元気をもらうケースが多いです。

そして、今日、撮影していて気付いたことがありました。
入試課ノダさんのステキさです。

つい資料に目線を落としたまま、高校生と話しがちになるのですが、
ノダさんは終始、話す相手の顔を見ています。
写真を撮っていても、うつむいているところがないんです。

どんな反応をしてくれているのか、
言葉が届いているのか、たしかめながら話すノダさん。
ふだんから、相手をまっすぐに見て、にぃーっと笑う人なので、
しゃべっていると元気になります。

大学の雰囲気も、学生の元気さも、先生や職員の魅力も、
オープンキャンパスやオープンクラスで知ってほしいです。
来てもらえたらかならず伝わると自信があります。

さて、つぎは6月にオープンキャンパスを開催します。
セイカをめいっぱい楽しめる企画、
在学生が高校生と一緒に楽しむために考えた企画、
AO入試の対策になる企画、いろいろ考えています。

4月に来てくれた方も、来られなかった方もぜひお楽しみに。
新設コースに就任予定の、あの先生方も来てくださいますよ。

OCファッションスナップ(スタッフは布をこう使った)

Date_ 2012.04.29 21:32

ソメオリ部が染めてくれた布を、
きょうのオーキャンでスタッフたちはどう使っていたのか?
さっそくチェック!

人文学部の2年生コンビ、吉林さんと福本さん。
バンダナみたいに巻いてカントリー風に、ネクタイにしてトラッド風に。
2人とも自分スタイルに上手く取り入れていてかわいい。

ハナミさん(ストーリーマンガコース・4年生)は
パレオにして巻いただけでなく、
リボンのブローチをつくって胸元にワンポイント。

もうひとつワンポイント。
教務課・フナツさんはポケットチーフにして胸元にON。
薄いグレーにビビッドなピンクが効いています。

受付スタッフ集合。
オカン、イノコくん、ODA、たみー、こずこず(みんな芸術学部)。
みんな思い思いに巻いていますねー。良い感じです。

そして独自のセンスを発揮していたマルコメくん
ちなみに、布の下はマルコメ坊主頭。
通りかかるたびどうしても気になってスナップしました。
人目を引くって点では大成功です。

0429OCワークショップ_キャラデザとギャグマンガ

Date_ 2012.04.29 21:13

マンガ学部の新コースではこんなイベントをしてました。

キャラクターデザインコースでは、
すがやみつる先生(就任予定)によるワークショップが。

課題は、チームでキャラクターの設定とネーミングを考えること。
一緒に来た友だち、親子、近くに座った者同士でチームを組み、
「野菜・果物」をテーマに各々でキャラクターをつくっていきます。

こちらは、チーム「階段☆ヘアー」の作品。

写真でわかりづらいので解説すると、
「果菜」くくりで、右からトマト、いちご、スイカのキャラクター。
スイカのキャラが武器を持っているので、
戦隊者モノの話がどことなく浮かんできます。
きょう出会ったばかりのメンバーもいながら、
良いチームワークが感じられました。

最後には先生から激励のメッセージも。
「キャラクターデザインに必要なのは、観察眼。
日々の観察と、手を動かすことを続けてください。
もっと上手くなりたいという意欲を持った人に来てほしいです」。

また、ギャグマンガコースでは、
おおひなたごう先生(就任予定)と竹熊健太郎先生の特別講演を開催。

他のマンガ学部のコースとの違いが
「アイデアの出し方を勉強すること」というだけあって、
アイデアについての話がおもしろかったです。

竹熊先生は、プロのギャグマンガ家に必要なのは、
自分で出したネタに対してダメ出しが出来ることだという話を。
おおひなたさんは、プロとして自身のアイデアの
吟味の仕方を話されていました。

ほかにも色々な話がギュッとつまった1時間でした。

しかおのつぶやき