東北からの風に乗って

Date_ 2013.10.30 17:28

木野祭が近づいてきました。
大学祭といえば屋台やイベントが目白押しでハッピーなお祭ですが
一方で、日頃の学びの成果を示してメッセージを投げかけるという側面もあります。

今年の木野祭のなかで、「東北からの風」と題して
震災被災地について考えるイベントが開催されます。
人文学部の板倉先生のゼミ生が中心となって、
震災に関する講演会や被災地で収穫された野菜の販売会を企画しました。

企画メンバーの一人、佐久川さん(人文3年、写真左)は去年、
チェルノブイリ事故の12年後を取材したドキュメンタリー映画『プリピャチ』を見て
その虚無感の強いモノクロームな世界観にショックを受けました。
「日本も白黒になっちゃうのかなぁって思ったら、悲しくなって。
 …でも、そんな「かわいそうな私」にだんだん疲れちゃったんです。
 そしたら、何か行動を起こせないかなぁって思うようになってきました。」
そして昨年から開始した原子力についての自主的ゼミや、
この「東北からの風」に参加するようになったそうです。

今回のイベントを通じて投げかけたいメッセージは、
「原子力の時代に生きる一人ひとりが何かを考えてほしい」ということ。
佐久川さんはこう言います。
「どうするべきか、なにができるか、そういうことを考えながら
 一人ひとりの「なんでだろう?なんでだろう?」が集まれば
 社会の流れも変わると思います。」

今回の講演会では、様々な立場のかたが登壇することになっています。
避難を決断した自治体の関係者、原子力に詳しい研究者、
そして被災地を訪ねたセイカの学生たち…
多くの視点から東北のことを考えることで
新しい発想を生み出すことができるかもしれません。

福島第一原発から京都精華大学まで直線距離で約540km。
その距離を超えて「東北からの風」が吹きつけます。
この風にのって、私たちはどこへ行くべきなのでしょうか。
行くべき道筋を思い描く想像力を膨らませるために
新しい視点を見つけていく努力と行動が
今後の日本の未来に不可欠なのではないかと思います。

コメントをどうぞ




コメント

しかおのつぶやき