養老孟司さんが語る「動くことと考えること」

Date_ 2013.10.28 20:53

「バカの壁」などの著書で知られる解剖学者・養老孟司さんの講演会が
先週開催されました。


対談者は人文学部のウスビ・サコ先生
木野通信の対談がきっかけで今回の講演会が実現しました。
ちなみに、養老さんは京都国際マンガミュージアムの館長でもあり、
セイカとはつながりの深い方なのです。

講演会のテーマは「動くことと考えること」。
セイカの人文学部の学び方を軸に、養老さんの経験を交えながら、
学問とは何か、教養とは何かについてお話しいただきました。


「解剖とは人体を言葉に置き換えることなんです。」と、冒頭から引き込まれる話。
かつてばらばらに呼ばれていた身体の部位の名称が解剖学によって統一された、
つまり、人体というわけのわからなかったものが言語化されて共有されたということ。
人間とそれを取り巻く世界を言語化していくのは人文学部も同じです。

養老さんが大学で解剖を学びはじめたとき、死体を扱うことから
いったい何を学んだらいいのか、わからなかったそうです。
でも、わからないからこそ、学びながらいろんなことを考える。
自分にとって死んだ人がどういう存在であるのか。
なぜ日本とほかの国で死んだ人の扱い方が異なるのか。
死んだ人と生きている人の表情の違いについて考えることで、
ふだん自分が人とどのように接しているのかに気づいたり。
そうやって、どんどん思考の世界が広がっていったことが、
楽しそうにエピソードを話す養老さんから伝わってきました。

いま大学で学んでいる学生への言葉として
「自分にとって知らないことを見つけることが“発見”なんです。
だから嬉しくなる。他人が知っていようがいまいが関係ない。
僕が続けている虫採りだってそうです。
行ってみないと何が採れるかわからない。
“一歩出る”ということ。それが勇気を出すということ」とも。

特別な人間でなくていい。特別な発見でなくていい。
一歩外に出ること、動くことによって発見がある。

セイカの人文学部が大切にしている“行動して考える”
その身体的な学び方をわかりやすく話していただけました。
こんなに楽しそうに話されると、一歩出てみようかと、
学びたい欲求がうずうずしてきた人も多かったんじゃないかな。
“背中を押す”とはこういうことだと感心しきりでした。

カテゴリー:イベントをチェック, セイカの教員 | 

コメントをどうぞ




コメント

しかおのつぶやき