習慣は第二の天性(ギャラリーフロール展覧会)

Date_ 2013.10.29 19:58

ギャラリーフロールで本日最終日を迎える展覧会がありました。
立体造形コース4年生のイノコくん・佐野さんと、同じく3年生の
おざわさんによる「習慣は第二の天性 Habit is second nature.」。 

↑左から佐野さん、おざわさん、イノコくん。

お客さんが見やすいテーマにしよう、ということで
だれにでも身近な「習慣」をテーマに据えたんだそう。

佐野さんの映像作品「進むこと」は、
家を出てから学校に着くまで、
そしてまた帰るまでを20分であらわしたもの。
撮影にはiPhoneを使ったそうで、その縦長で見る映像が新鮮でした。
偶然にも、前を歩く人の姿がすっぽりフレームに収まったり、
電車のドアとフレームがぴったり重なるのがおもしろい作品。


イノコくんの花束をつるした作品「家族へ」(↑写真)は
写真には写っていませんが「花束のためのドローイング」と題された作品と
対になるよう展示されています。
空想を描いたドローイングと、具現化した作品、その間に人が立つ。
3つそれぞれの関係性を意識したという構成に、
展示方法について試行錯誤したあとが感じられました。


おざわさんは習慣について考えた時に
自分は心地の良いものにひかれることに気づき、
立ちっぱなしのギャラリーでゆっくりできる空間をつくりました。
その名も「どうぞ、お座りください」。
人工芝と書かれたたくさんのダンボール箱がたくさん並びます。
同じモチーフが整然と並ぶと無機質な印象すら受けますが、この作品は
制作意図を聞いているからか、自然とほっこりした気持ちに。

ほかにも、実家がお寺で、線香や拝む行為が身近な佐野さんは
それらを素材やモチーフにして作品をつくり、
アイデアそのものを考えることが習慣だというイノコくんは
ドローイング作品3つも出したりと、
それぞれの習慣があちらこちらに垣間見えました。

わたしの習慣を他人に見せるなら、
どんなふうに見せることができるだろう・・・
そんな想像がわいてくる展覧会でした。

カテゴリー:セイカの学生 | 

コメントをどうぞ




コメント

しかおのつぶやき