荒井良二さん特別授業(イラちゃん・ストちゃん編)

Date_ 2013.10.22 19:36

体育館に行ってみると、昨日に引き続いて客員教員の荒井良二さん
イラストコース1年生の授業を行っていました。
今日はみんなで絵を描くそうです。そのお題はというと…

「2014年度版イラスト家族 イラちゃん・ストちゃん」!

1年生64人が2つのグループに分かれ、“風”が特徴の「イラちゃん」、
“光”が特徴の「ストちゃん」を大きなキャンバスに描いていきます。

「こういうのは端から描きだす人が多いんだよなー」
とつぶやいた荒井さんの言葉に反応したのか、
デッキブラシでスーッと真ん中に線を入れたり、
キャンバスの上に乗って絵の具をまき散らしたり、と
両グループとも果敢に中央を攻めます。

「イラちゃん」「ストちゃん」は下書きもなければ、
姿かたちも定まってないのに、勢いよく色を載せまくる学生たち。
あふれんばかりの笑顔から推測するに、
描くことが楽しくて楽しくて仕方ないみたい。

「足で描くなー。手も使えー。」
「まずは白いところを全部埋めてみろー。」
「水を使え。水をまけ―。」

荒井さんはキャンバスのまわりを歩きながら
まんべんなく学生に声をかけていきます。
はじめは真っ白だったキャンバス。2時間も経つと…

おおー!
思ってたよりも迫力のある、大きな大きなキャラクターに。
(↑こちらは「イラちゃん」)

イラストコースの1年生に感想を聞いてみると
「いつもはひとりで絵を描いているので、
チームワークも必要で、こんなに体を動かす
激しい授業は初めてでした。楽しかったです!」
「荒井さんが“ここはいらないんじゃない?”と言ってくれたり
バランスを見て“こっちにも描いたら”とアドバイスをくれたので
なんとかできあがりました!」

「イラちゃん」「ストちゃん」はイラストコースのある
風光館に後日展示されるそう。
作品の完成度を高めた荒井アドバイスとはなんだったのか、
じーっくり眺めて、それを想像してみるのもおもしろいですね。
荒井さんとイラストコース1年生の力作、ぜひご覧ください。

荒井良二さんが語る、仕事、才能、自分。

Date_ 2013.10.22 11:51

昨日、イラスト学科客員教員の荒井良二さんの特別授業がありました。


(写真右が荒井さん、左はイラスト学科で絵本の授業を担当されている
編集者の小野明さん)

荒井さんは絵本の制作を中心に、イラストレーション、挿絵、広告、
舞台美術など幅広い分野で活躍されています。
「絵本作家なのに、なぜこんな仕事をするの?と聞かれるよね」と
小野さんが問いかけると
「職業って自分が決めるんじゃなくて、他人が決める要素が大きいと思う。
自分がやってきたことを他の人が見て、『あなたは絵本作家ですね』と
規定している感じかな」と荒井さん。

依頼されたことにこたえる。
そして、自分の作品を手にする見えない人たちにこたえるのがプロだと
荒井さんは言います。
誰かに依頼された仕事には、ルールや制約があることが多い。
そのルールや制約を楽しみ、「(その依頼には)オレならこうこたえるぜ」
と楽しむのが、荒井さん流の仕事に対する考え方なのです。


また「才能ってほしいと思う?」と小野さんが問いかけます。
それには
「ほしいけど、才能があるかないかは考えないようにしてるね」と。

才能は職業と同じで、他の人が見つけてくれるもの。
自分では思ってもみないところを、他の人に「そこいいね」と
言われて気づくのだ、と。

「才能がないと思うのであれば、自分に足りないもの、欲しいものを
どこかから持ってきてくっつければいい」
荒井さんのこの言葉には、肩の力がスッと抜けるような思いが。

かっこいい名刺が欲しいと思い、用紙を買ってみたものの結局つくらず
「私が名刺です」と言う荒井さん。
それは「絵本作家」や「イラストレーター」という職業だけで
語ることのできない「依頼されたことになんでも楽しんでこたえる」
荒井良二さんの姿を物語っているな、と思いました。

きっかけは2000年のダライ・ラマ14世講演会

Date_ 2013.10.18 23:20

今日、2人の講師をお招きして、ダライ・ラマ14世講演会の事前勉強会を
行いました。


現在、ダライ・ラマ14世はインドのダラムサラを拠点として、
世界中で活動を続けておられます。
インドは南アジアに属しているのですが、その南アジアがどんな地域で
どんな状況なのかを、総合地球環境学研究所の遠藤先生にお話いただきました。

南アジアはアフガニスタン、インド、スリランカ、ネパール、パキスタン、
バングラデシュ、ブータン、モルディブの8か国からなる地域です。
8か国のうち、人口でもGDPでも飛びぬけているのが、インド。
ゆえに、南アジアはインド世界と呼ばれることも多いのです。

インドといえばカースト制度を思い浮かべますが、
法的には廃止されているとはいえ、今でも実質的には存続しているとのこと。
カースト制度を逃れようとして、ヒンドゥー教から改宗する人も多いという
現状には考えさせられるものがありました。


続いては神戸大学の辻村先生。

今回のダライ・ラマ14世講演会のタイトルは「世界を自由にするための方法」。
では、自由っていったいどういうことなのでしょう?
人は「何でも自由にしていいよ」と言われると、
逆に「私は何をしたいのだろう?」「私って何?」とかえって悩み、
苦しんでしまうことも多いのではないでしょうか?

辻村先生が解き明かされたのは、
ダライ・ラマ14世の考えからみる「ステキに自由になる方法」。

ダライ・ラマ14世はこう言います。
「私にできるのは、人々の苦しみを分かち合うことによって
人々の役に立てるよう、努力することだけである」

誰かが苦しみから自由になることは、自分が苦しみから
自由になることとつながっている。
「自分だけへの関心」から自由になり、「他者への関心」へと向かうことが
ステキに自由になる方法なのだと。

辻村先生は、ダライ・ラマ14世の思想を専門に研究されている方。
そのきっかけとなったのが、なんと2000年にダライ・ラマ14世が
セイカに来られたときの記録映像だそう!

2000年に来学されたときにも、学生がダライ・ラマ14世に直接質問する
機会がありました。
中に、コミュニケーションが苦手と話す学生が。
「それまでは少しおどけながら質問に答えていた法王が、彼女には
とても真剣な眼差しで答えるんです。そして、最後には壇上に呼び寄せて
『心配ないよ』と。それを見た瞬間涙がとまらなくなって」

セイカでの講演会が、だれかの人生を変えるきっかけになるとは。
今回の講演会も、きっと参加したみなさんの心を揺さぶるものになります。
開催は11月23日(土)・24日(日)。
人生を変えるかもしれないチャンス、逃さないでくださいね。

カテゴリー:イベントをチェック | Comments[ 0 ]

しかおのつぶやき