「まるっとーく」で話す。高校生が思い描く大学って?

Date_ 2013.10.17 19:49

夕方、学生ラウンジをのぞいてみると、
「まるっとーく」の準備をしている学生たちがいました。

「まるっとーく」とは、高校生と大学生が輪になって将来の話をするプログラムのこと。
人文学部の筒井洋一先生の呼びかけをもとに集まった学生たちが、
高校の総合学習の時間におじゃまして、キャリアの授業を行っています。

いまは、10/23に控えている京都市立塔南高等学校のプログラムについて、準備をしているところ。
どうやったら高校生がプログラムに満足してくれるか、
楽しんでやってくれるか、っていうことを話し合っていました。

このプログラムの内容が、なかなか興味深いのです。

まずは、高校生から自分のイメージする大学生像を話してもらいます。
つぎに、セイカの学生が自分の大学のこと、学生生活を紹介する。
高校生に、大学生になった自分をちょっと具体的にイメージしてもらうことが目標です。

そこをクリアしたら、つぎのステップへ。
高校生に、20歳になったときの理想像を聞き、
その理想に近づくためには、いまなにが足りないのかな、
高校を卒業するときにはどんな自分になっていたいのかな、
じゃあ、いまなにを目標にしようか、と、具体的な目標を立ててもらうのです。

そういえば、私は高校生の頃、担任の先生との進路相談がいやでいやで、
なんでいま未来のことを決めないといけないのかと、怒っていました。
つまりは、決めるのが怖かったんですね。

自分の好きなことを見つけて、ようやく大学進学の目的を見つけたのですが、
思い描いていた大学っていう場所は、まったくリアルじゃなかったなあ。
私みたいな状況の子にいいかも。

大学生のイメージ=セイカ生だと、ちょっと偏りが生じてるけど、
通ってる大学を「めっちゃ楽しい」と言える学生たちが、メンバーです。
そういう学生が、高校生に会ってくれるのはすごくいいなあと思います。

この「まるっとーく」は、仲間をまだまだ募集しています。
興味のある人は、<tonan.seika.WS(アットマーク)gmail.com>へ連絡してみてください。
条件は、人としゃべるのが好きなことのみ!だそうです。

新しい世代の見据える「しょうてん」

Date_ 2013.10.15 19:59

台風せまる本日午後。
対峰館ギャラリーデッドスペースにて、
服を通じてのコミュニケーションを試みる
fashioncircle [AWOL]の展覧会「しょうてん」を見てきました。

「サークル内で各々のコンセプトをシャツで制作しました。
商店街で、モデルの顔を切り抜いた板が付いたチープな
ハンガーに、面白みを感じるような若い世代の感覚を、今回の
展示で見せたいと思いました。
新しい世代の見据える焦点を垣間見せることができます。」

そう記された展示空間には、今をにぎわす芸能人5人が
着ているかのような5着の衣服が。

はじめに目に留まったのは一番右のシャツの作品。
おへそあたりに四角くて青い布が留められた部分以外は
前合わせも袖口もボタンがありません。

ボタンがないことで少し心もとない印象を受けるけど、
この作品のキャプション中にある
「緊迫感」、「束縛」、「自由」。
3つのキーワードを意識してみると確かに服から
そのイメージが見えてくるんだから不思議です。

後からじわじわって気になってきたのは、
丈の短いグリーンのノースリーブブラウスにつけ衿がついた
「メロンソーダ」。
正面からだとかわいらしいつけ衿だなあ~って感じですが、
側面から見てみるとおもしろいんです。
なんかとがった部分がついてるんですよ。

ほら、首の後ろに三角のとんがり。
わたしはこの部分を見て、
メロンソーダのしゅわしゅわして攻撃的な面を思い出しました。
作者は炭酸を見たまんまの〇じゃなくて
意図的に△にしてみたのかなあ、なんて思ったり。

展示は明日まで。
ななめに立って衣服の側面を見たり、しゃがんで下からのぞきこむと、
前から見るのとはまた違った感覚で、
各々が考える「焦点」について思いを馳せることができそうです。

秋のキャンパス、屋外でも制作。

Date_ 2013.10.14 18:52

10月に入っても暑い日が続いていましたが、ようやく涼しくなって
キャンパスの木々も少し色づいて秋めいてきましたね。


今日は天気もよく、屋外で制作に励む学生を見かけました。


木製のパネルに和紙を水貼りする、日本画コース3年のフジタさん。
「いつもは屋内でする作業ですが、気持ちがいいので外でやってます」

後期の自由課題では、工場のある風景を描くというフジタさん。
「金属の重い感じ、パイプや電線が張りめぐらされた雰囲気が好きなのと、
淡々と動いていて、まるで生きているように感じます」と、その魅力を
話してくれました。先日も東京の工場地帯までスケッチに行ってきたそう。

テキスタイルコースの光彩館横では、角材にペンキを塗る学生たちが。



左から、タダさん、イノタニさん、ニシボリさん(テキスタイルコース2年)。
「神々の宿る場所」というテーマで、グループ制作に取り組んでいます。
どんな作品になるのか訊ねると、
「白と青に塗った木枠に糸を張ってトンネルのようにします。
それを黎明館と情報館の間の階段スロープに展示する予定です。
“神に祈る場所”を考えたとき、上を見上げるイメージがあって、
あそこは階段の下から空を見上げることができるのでいいなってなりました」
作品は10月22日の合評直前に展示、その後は撤去するそうなので、
観たい人はその日を目指してください。

そして屋外作業といえば、流渓館下。


劇団ミルクティ(@theater_milkte)所属のミナミさん(建築コース2年)が、
11月の公演に向けて、舞台美術を製作していました。

劇団ミルクティは、京都精華大学演劇部の劇的集団忘却曲線の中から
ファンタジー劇をやりたいメンバーが集まったユニットのような劇団。
二回目となる次回公演「My Dear Alice」は、不思議の国のアリスを原作に
ちょっぴり不思議なダークファンタジーに仕立てた作品になるそう。
公演では「謎の少女」役で出演するというミナミさん。
「けっこうダークな話です、ぜひ観に来てください」
ネタバレするので謎は謎のままに。

しかおのつぶやき