どんな仕組み?稼ぐには?キャバ嬢の給料システムについて

どんな仕組み?稼ぐには?キャバ嬢の給料システムについて

キャバ嬢の給料システムはどうなってる?

「キャバ嬢は稼げる!」って聞いても、実際にはどうなのかっていうところは、特に未経験者が気になるところですよね。

もしかしたら、「時給が高いから稼げる」としか思っていない人も多いのかもしれません。

間違ってはいませんけど、正しくもありませんよ。
キャバ嬢のお給料システムは、実は少し複雑なんです。

ここでは、そのキャバ嬢のお給料のシステムや、なぜたくさん稼ぐことができるのかについて説明していきます。

「スライド制」をとっているお店が大半

ほとんどのキャバクラ店が採用しているのが、「スライド制」と呼ばれるお給料システムです。

スライドというのは、滑るっていう意味が有名ですけど、それとは別に、「ある数や量の増減を元に、別のものの数や量を増減させること」という意味も持っている言葉なんです。

これをキャバ嬢のお給料システムであるスライド制に置き換えてみると、「売り上げや指名本数などの増減を元に、時給などの金額を増減させること」となりますね。

スライド制を簡単に言うと?
成績が良ければ時給が上がるし、成績が悪ければ時給も下がる、という給与システム

働いた年数や年齢などは全く関係ないとも言えます。
実力主義の厳しい世界ではあるけど、未経験の新人さんでも成績次第で時給1万円や2万円オーバーがすぐに狙えるって考えれば、むしろ夢がある職業とシステムですよね。

ちなみに、このスライド制は主に3つのパターンがあります。

ポイントスライド制
売上スライド制
指名スライド制

他の種類もありますし、どれかとどれかを組み合わせたシステムを採用しているお店もあるんですよ。

ポイントスライド制

「ポイントスライド制」は、獲得したポイントで時給が決まっていくシステムのことです。

例えば、本指名や同伴が2ポイント、場内指名が1ポイントというように、お客さんの利用するサービスにポイントが振り分けられていて、そのポイント数に応じて時給が上がったり下がったりします。

「月のポイントが合計150〜159ポイントの間だったら、翌月の時給は7,000円」みたいにお店ごとに決まっているので、キャストはそのポイントを目指して指名や同伴をゲットしていくことになりますね。

ポイントスライド制を簡単に言うと?
ポイントを積み上げるほど時給が上がっていく、というとてもわかりやすい給与システム

売上スライド制

「売上スライド制」は、ポイントスライド制のポイントを売り上げで考えたバージョンですね。

キャバクラ嬢はお客さんから指名を受けると、そのお客さんが使ったお金は全部指名されたキャストの売り上げとして記録されていきます。

売上スライド制を簡単に言うと?
売り上げ金額に応じて時給を決める、という給与システム

例えばですけど、「月の売り上げが80~99万円の間なら、翌月の時給は6,500円」みたいな感じですね。

これもお店ごとに売り上げ金額と時給の関係性は違いますよ。

売上スライド制のメリット
たった1人のお客さんにしか指名されなかったとしても、そのお客さんが月に何百万円も支払ってくれれば、時給がめちゃくちゃ上がる
売上スライド制のデメリット
そのお客さんが来なくなると、急に売り上げが下がって時給も落ち込んでしまう

指名スライド制

「指名スライド制」や指名本数スライド制というのは、ポイントスライド制のポイントや売上スライド制の売り上げの部分を指名本数に置き換えたシステムです。

例えば、「月の指名本数が51~60本だったら、翌月の時給は6,000円」のような形。

どのスライド制もそうですけど、月ごとではなくて週ごとに計算して1週間ごとに時給を決定するお店もあります。

指名スライド制の場合、場内指名は計算に入れないお店が多いですね。

時給を左右するのは本指名のみというお店がほとんどなので、ものすごく小さな金額しか使ってくれないお客さんであっても、本指名をゲットすることを目的に接客や営業を行っていかないといけません。

ここで紹介したスライド制以外のスライド式システムも存在はしています。

システムとキャバ嬢の相性は、お金を稼ぐためにはとても重要なので、本入店前にお店に確認した方がいいかもしれません。

バックについて

キャバクラ嬢が受け取れるお給料は、時給だけではありませんよ。
キャバ嬢が他のお仕事よりも稼げる理由は、『バック』にあります。

バックというのは、時給以外に受け取れるお給料のことで、お客さんが利用したサービスによってキャバ嬢に与えられる報酬のようなものです。

本指名バック
同伴バック
ドリンクバック

などが、バックの主な種類ですね。
これ以外にも種類はあって、お店ごとに結構違ってきます。

とりあえずこの3つについて詳しく説明しますけど、バックの種類が多ければ多いほど稼ぎやすいですから、時給だけではなくこのバックシステムにも目を向けてお店を選んでくださいね。

本指名バック

お客さんから本指名や場外指名、A指名と呼ばれる指名を受けた時にお店側から受け取れるのが「本指名バック」です。

本指名を受けるごとに、安いお店だと500円ほど、高いお店だと2,000~3,000円を報酬として受け取ることができます。

本指名バックの相場
1,500円前後。

場内指名を受けてバックがもらえるお店は正直少ないです。
でも、中には場内指名でも500~1,000円くらいの報酬が受け取れるお店もあります。

同伴バック

これもわかりやすいですが、同伴出勤をするたびに受け取れるのが「同伴バック」です。

1回の同伴で2,000~3,000円くらいの報酬を支払ってくれるお店が多いですね。

高級店や同伴を重視しているキャバクラ店だと、1回の同伴につき4,000円や5,000円をバックしてくれるお店も存在しています。

同伴出勤をすると?
そのまま本指名も獲得できるので、これだけで同伴バック+本指名バックがゲットできる

稼ぎたいキャバクラ嬢にとって、どれだけ同伴出勤が大事なのかがわかりますよね。

ドリンクバック

「ドリンクバック」は、お客さんがドリンクを注文してくれるたびに発生する報酬です。

1杯オーダーが入るごとに、200~300円くらい受け取れます。
ちょっと高めのドリンクを入れてくれれば、500円くらい受け取れることもありますよ。
これもお店やドリンクの種類によって違ってきますね。

お客さんが飲むお酒というよりは、キャストが飲むお酒についてドリンクバックと表現することが多いです。

お客さんが飲むお酒の場合には、「ボトルバック」と呼ばれるバックがあります。
それこそ高いシャンパンなどを入れてくれれば、1本の注文で数万円や数十万円のボトルバックが入ることもありますよ。

他にも「売上バック」などの種類があるので、これも働く前に「どんなバックがあるんですか?」とお店の人に聞いてみるといいかもしれません。

まとめ

ちょっと複雑なキャバ嬢のお給料システムについて、なんとなくでもわかってくれたら嬉しいです。

時給はスライド制によって決定される
スライド制には、ポイントスライド制、売上スライド制、指名スライド制などがある
時給の他に受け取れる「バック」と呼ばれる報酬もある
バックには、本指名バック、同伴バック、ドリンクバックなど多くの種類がある

ざっとまとめるとこんな感じになりますが、キャバクラ嬢がたくさん稼げる理由と、頑張りがお給料に結びつくことはわかったのではないでしょうか。

お給料システムに合わせて働き方や接客方法などを変えるという意識も、たくさん稼ぐためには重要ですよ。

無駄な努力をしなくてもいいように、システムを理解した上でお仕事を頑張ってみましょう。

About 精華