大阪・京都のキャバクラで働いた私が京都で働くのをおすすめする理由

大阪・京都のキャバクラで働いた私が京都で働くのをおすすめする理由

京都と大阪…どちらのキャバクラで働くのがおすすめなのか

関西でキャバクラ嬢のお仕事を探すなら、京都か大阪のどちらかを選ぶべきです。

キャバクラ店の数が多いので選択肢もそのぶん増えますし、高級歓楽街もあるし、お客さんが集まるエリアですから高収入も期待できます。

その上で、京都と大阪のどちらを選ぶべきかを聞かれたら、私は『京都』と答えますね。

ちなみに私は、京都でも大阪でもキャバクラ嬢として働いた経験を持っています。
どちらの良さも知った上で、私は京都の街を選んで、今は京都でキャバ嬢を続けているんです。

なぜ私が京都を選んで、そして京都でキャバ嬢をやることをおすすめするのか、その理由を説明していきますね。

京都のキャバクラの方が客層が良く働きやすい

シンプルに言ってしまいますけど、京都の方が接客がしやすいです。

一番の大きな原因は、お客さんの質かな。
いわゆる客層というものですね。

大阪にも北新地のような高級歓楽街はありますけど、京都の祇園や木屋町などの高級歓楽街とは、お客さんの雰囲気などがちょっと違うんですよ。

大阪はやっぱりにぎやかだし、騒いだり盛り上がったりするのが好きな人が多いです。

京都は、どちらかというと大人のお酒の楽しみ方を好む人が多いというか、落ち着いた雰囲気の中で京美人と一緒に語り合いたいって考えている男性が多いんです。

客層の良し悪しはキャバクラ嬢の感覚によっても違ってきますけど、正直、京都のお客さんの方が心が広くて、お客さん自身がキャバ嬢に気を遣ってくれるところもありますね。

そういう意味では、とても働きやすいのかなって感じます。

★ POINT ★
大阪の北新地のキャバクラに来るお客さん
⇒騒いだり盛り上がったりするのが好きな富裕層の男性

京都の祇園のキャバクラに来るお客さん
⇒お酒を嗜みつつ、落ち着いてお話がしたい富裕層の男性

落ち着いた雰囲気が好きな人におすすめ

祇園などにあるお店は、そもそもお店の雰囲気が落ち着いてます。

街の雰囲気がそうだからなんですけど、接客していても騒がしくないというか、しっとりと穏やかにお客さんと接することができるムードが、京都のお店にはあるんです。

突然大きな声でしゃべり出す人とも、ほとんど出会いません。
大阪にはたまにいました。

周囲に迷惑をかけるようなお酒の飲み方をする人も、ほとんどいません。
これも大阪ではちょくちょくいましたね。

ボーイさんに絡んだり、キャストにセクハラのようなことをするお客さんも京都にはいないけど、大阪ではたまに見かけました。

大阪がめちゃくちゃガラ悪いみたいに感じさせちゃったら、それは誤解なんですが、少なくとも私には京都の落ち着いた雰囲気が合ってたんです。

私と同じように、お互いに余裕を持ってお酒や会話が楽しめる雰囲気のお店を希望しているのであれば、京都にあるキャバクラから選んだ方がいいのでは?ということですね。

★ POINT ★
大阪の高級歓楽街にあるキャバクラでも、京都のキャバクラに比べるとマナー違反をするお客さんが多い
※私の経験上によりますが

逆に、ワイワイした雰囲気が好きなら大阪がおすすめ

京都の落ち着きや大人な雰囲気をわかってもらうために、ちょっと大阪に対して悪いイメージがつきそうな表現をしてしまったんですが、大阪のお店には大阪らしい良さももちろんあります。

とてもにぎやかなお店が多くて、本当にパーティーを開催しているみたいな感覚になったことはしょっちゅうですね。
こういうワイワイした空間が好きな女の子は多いのでは?

ノリがすごく良くて、勢いがあって、『日常にある嫌なこと全部忘れたい!』みたいな感じでお酒を飲む人がたくさん集まるのが、大阪のキャバクラの特徴です。

特に難波などミナミエリアのキャバクラは、こういう傾向が強いです。
お客さんもキャバクラ嬢も若いですからね。

そんなワイワイした雰囲気に魅力を感じて、とにかく毎晩みんなと楽しく騒ぎたいという女の子にとっては、京都よりも大阪の方が向いてますよ。
というか、絶対に大阪のミナミのお店を選ぶべき!

同じ大阪エリアでも北新地やキタエリアの一部は、比較的落ち着いてます。
高級店がたくさんあるので、客層も自然と落ち着いた人が集まりやすいですから、私自身もミナミよりはゆっくりと接客ができましたね。

★ POINT ★
「図書館で静かにしているのが苦手、もっとワイワイしたい」みたいなタイプな人は絶対に大阪のキャバクラ向き。
特に大阪のミナミエリアは、賑やかでパーティーみたいな雰囲気のキャバクラが多い。

自分に合ったキャバクラで稼ごう

相性ってものすごく重要です。
私個人としては祇園のお店が一番落ち着いて接客できたので京都をおすすめしますけど、大阪のノリが好きな若い子も多いかもしれません。

大阪にこだわりたい人で私みたいな性格の女の子だったら、やっぱり北新地ですね。

できるだけ高級志向のお店を選んだ方が、客層も良いので、ストレスを抑えながら接客できるはずですよ。

大事なのは、自分に合ったキャバクラで働くこと。
自分に合っていれば、客単価が少し低めなミナミエリアでもしっかりと稼ぐことができるはず。

ミナミと相性の良い女の子が祇園で働いても、同じだけ稼げるとは限りません。
街やエリア、客層との相性もありますからね。

もう一度自分の性格や相性が良さそうなお客さんの層などを考えてみましょう。
そうすることで、京都で働くのがいいのか、それとも大阪を選ぶべきなのかがハッキリとしてきますよ。

大阪と京都のキャバクラが多い地域についてはこちらの記事で解説しているので、読んでみてくださいね!

About 精華